マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/02/28

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【このビジネス書は読んでおけ!】管理職がしなければならない50のこと
http://saracompass.seesaa.net/article/408114040.html
内容を紹介した記事明るく叱る叱り方の一番大事なポイントは、明
るく叱ることです。怒ってはいけないと言われますが、感情が入ら
なければ相手に伝わらないこともあります。ただし、引きずっては
いけません。…続きを読む…混沌を作り出す管理職になったら、意...

●【仕事術】全体最適トラップを避ける方法
http://sarahin.seesaa.net/article/399998125.html
「全体最適」かっこいい言葉ですよね。かつてはこんな言葉なかっ
たのですが、これが使われ始めたのはどの辺だったのでしょうか。
「全体最適」は攻撃の言葉この言葉は何かの交渉をして相手から譲
歩を引き出そうとするときに使う言葉です。実は多くの人が内心は...

●【このビジネス書は読んでおけ!】ドラッカー名著集 創造する経営者
http://saracompass.seesaa.net/article/401065220.html
内容を紹介した記事知識と情報、知識の血肉化仕事ができるように
なりたいので、いい本を教えて下さい」というような質問をWebで
時々見かけます。私も本を紹介したりはしてますが、その本が役立
つかどうかは、本の内容ではなく、その人の行動次第です。…続...

●【知的生産術】ナナメの情報
http://saracompass.seesaa.net/article/433493327.html
情報には3つの方向性があります。タテの情報...

●【発想法・アイディア術】なぜなぜ分析1:やっても意味が無い「なぜなぜ分析」
http://sarahin.seesaa.net/article/424666869.html
「なぜなぜ分析」という言葉を知らない人はあまりいないのではな
いかと思います。では、そのやり方は?というと結構心もとない人
も見えるのではないでしょうか。やっぱり、ある手法というのは、
基本的なやり方があって、そのやり方をきちんとトレーニングを受...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●“大きな空白”を作り出せ
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1212/11/news010.html

●河合 薫:男の生きづらさを助長する「五郎丸ラブ」の女
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/news/1510/102702064/?ml
今回はのテーマは、「“男”でいることの生きづらさ」。数年前か
ら何回か取り上げている「男性問題」についてです。「男性差別」
と呼ばれることもある、男性への“イメージ”から生じる、いわば
ジェンダーに関する問題です。

●「抑える」そして「伸ばす」!)!)部下を育成するポイント
http://magredirect.itmedia.co.jp/r/7Rt/38/1hQ/w/makoto/articles/1205/04/news003.html

●どの上司にも通用する説明術(7)
「本当に分かっているのか」が分からない抽象的な説明
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20121015/429926/


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■全脳思考
神田昌典、7年ぶりの書き下ろし本格ビジネス書!
多大な影響をビジネスに与えてきた経営コンサルタントの、10年間
が凝縮された思考テクニックを遂に公開!

クオリティの高い思考を行い、顧客や同僚、そして自分自身の期待
を超える企画・提案ができるようになるためにはどうしたらよいか?
 シンプルな1枚のチャートを使った本書の方法を実行することによ
 って、たんなる時間の無駄ではなく、「行動する思考」「結果を
 出す思考」を生み出す。

500ページ近くもの大作でありながら、ページを捲るごとに・・・、
脳からウロコが落ちる、快感の連続。

本書で扱っている「全脳思考モデル」は、本当にシンプルでありな
がら、ロジカル思考の限界を突破する発想が、特別なトレーニング
をしなくても誰でも、生み出せるようになる。知識創造が決め手に
なるこれからの時代において、必須の方法論になるだろう。

本書で著者が公開した新概念・新理論の例(一部)

・知的蟹工船
・アトラス世代
・指名検索 vs 比較検索
・CEOがCNOになる時代
・営業しなくても顧客が集まる新原則 !) SSC
・自己投影型消費
・出会いの深層背景
・創造的問題解決法「CPS」
・シナリオ思考
・スピーチの結晶
・エレベーターの原理
・マネジメントの桃太郎理論・・・等々、多数。


◆アマゾンで見る
全脳思考
http://www.amazon.co.jp/dp/4478008361/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
全脳思考
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784478008362%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
全脳思考
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt32264056/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・魚の目!)フローを見る力4:貯めと開放、3つの力を活用する
http://saracompass.seesaa.net/article/436475066.html

・魚の目!)フローを見る力3:慣性の視点
http://saracompass.seesaa.net/article/436475038.html

・魚の目!)フローを見る力2:作用と反作用の視点
http://saracompass.seesaa.net/article/436475007.html

・魚の目!)フローを見る力1:3つの力を理解する
http://saracompass.seesaa.net/article/436474970.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。