マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/02/12

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【時間術】英語のニュースを読む
http://sarahin.seesaa.net/article/421769107.html
食事の時間などの何かしているけど脳みそは動かしていないような
ときというのは、「ながら××」をする絶好の機会です。
私は社内ではメールを見たり、タブレットやスマホを取り出して、
メルマガやニュースを読んでます。本日は、ニュ...

●【自己マネジメント】人を呪わば穴二つ
http://saracompass.seesaa.net/article/429284674.html
「人を呪わば穴二つ」という言葉は、個人的には「地獄少女」とい
うアニメですごく印象に残ってます。でも実生活でもこれは至言で
はないでしょうか。...

●【面接技術】面接質問:今までの業務経歴を教えて下さい
http://sarahin.seesaa.net/article/397291170.html
業務経歴中途採用面接でごく最初の方に訊かれる質問として、「い
ままでの業務経歴を教えて下さい」という質問があります。この質
問をすると、「この人大丈夫かな?」と思える回答は大体3通りの
パターンがあります。・「××部に何年...

●【ヒント】上司の視点
http://sarahin.seesaa.net/article/252909566.html
よく、「上司の視点で物事を考えましょう」ということを書いてい
る本などを見かけます。でも、それ、無理ですからこれは、自分が
上司になってみて初めてわかったのですが、一般職の人(部下)と管
理職の人は全く視点が違います。それは問題なのではなく、業務...

●【ヒント】50対95の法則
http://sarahin.seesaa.net/article/412096615.html
 パレートの法則本記事でも度々引用してますが、有名なパレート
 の法則-Wikipediaを紹介した本、人生を変える80対20の法則の中
 で、50対5の法則というものが紹介されてます。これについては意
 外と書かれているものが少ないのですが、50 対...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●覚悟を決めるための論理思考 ~「これしかない!」と言える切り口を見つける~
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/92130/110900022/?ml
大学の論理思考の講義では、各人が自分のやりたいことや課題を持
ってきてメカニズム思考で解決し、それをみんなで見るというイベ
ントを開催しました。大げさに言うと「メカニズム思考の千本ノッ
ク」、数多くこなすことで感覚をつかむわけです。

●40歳から早まる「脳と感情の老化」の予防
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20130527/352069/?ml
今回は、中年以上の老化予防として、もう一つ大切な「脳と感情の
老化予防」の話をしたい。アンチエイジングの話と言うと、老人の
ことのように思われるが、実は40代からが大切である。

●広がる職場のハラスメント
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_--_277549_--_56772_--_7
・増え続ける「○×ハラスメント」フォトハラやドロハラなど今や
16種以上も!
・パワハラとセクハラのW被害に
・セクハラ、パワハラを甘く見てはいけない

●付箋ハック(STICKY HACKS)~あらためて付箋の使い方を見直してみる
http://gadget.cre8system.jp/life_hacks/sticky_hacks.html


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■できる人の要約力
必要な書類を短時間で読み込む、相手の言いたいことを端的にまと
める、本の内容を手早くつかむ......めまぐるしく変化するビジネ
スの世界で結果を出していくうえで、物事を「要約」し、それを的
確に説明できる力は、いまやビジネスパーソンに必須の能力といえ
ます。実際に、上司や部下、取引先とのコミュニケーションでも、
「相手の考えや言いたいことをつかみ、まとめ、言い換える能力」
の高低は、効率性・的確性に直結する重要スキルなのです。しかし
現実には、多くの人がそうした力を十分に持ちあわせておらず、ま
た、養成する教育もあまり行われてはいません。
そこで本書では、人材教育の現場で実際に使われている研修内容
なども豊富に取り入れつつ、現代人に求められる「要約力」を、
できるだけ平易に鍛え、身につけるための方法を紹介します。


◆アマゾンで見る
できる人の要約力
http://www.amazon.co.jp/dp/4806131822/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
できる人の要約力
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784806131823%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
できる人の要約力
http://www.dmm.com/mono/book/-/detail/=/cid=bkt32155955/?i3_ref=search&i3_ord=1/shori07622-001

●本書を引用した記事
・自己プレゼンの文章術2
http://sarahin.seesaa.net/article/410956137.html

・自己PR文で「思う」な
http://sarahin.seesaa.net/article/408548278.html

・昇進・昇格申告書:受け身表現を使うな
http://sarahin.seesaa.net/article/403826582.html

・できる人の要約力
http://sarahin.seesaa.net/article/302242488.html

・個人SWOTで未来を考える
http://saracompass.seesaa.net/article/412093070.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。