マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/02/08

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【巨人たちの言葉】ドラッカー:人は、自らがもつものでしか仕事はできない
http://saracompass.seesaa.net/article/438904572.html
P.F.ドラッカーのお言葉「自らを成果をあげる存在にできるのは、
自らだけである」を考えてみます...

●【ハック】レビューの読み方
http://sarahin.seesaa.net/article/393029402.html
何かの本を探した時に、なにか参考にしているものはありますか?
私はよく要約サイトや、本の紹介メルマガを参考にしています。し
かしある特定の何かを知りたいときには、こういったサイトでヒッ
トすればそれを参考にしますが、詳細な情報はヒットしないことが...

●【思考技術】アイディアを出すには外発を利用する
http://saracompass.seesaa.net/article/427201489.html
ある課題に対するアイディアを出そうとした時、自然に対応方法が
浮かび上がってくることもありますが、外からの刺激を入れること
で、発想が広げ、広い視野で検討をすることができます。...

●【会議術】会議は中途半端にはじめる
http://sarahin.seesaa.net/article/276891401.html
会議の開始時にメンバーが揃わない。なんて言うことがよくありま
す。開始時間を中途半端にする会議が多いような人の場合、直前の
会議がちょっと延びることはままあります。そうなると、次の会議
に移動する時間も含めて考えないと、効率的に会議はできません。...

●【自己マネジメント】英語を学ぶより本を読んだほうがいい
http://saracompass.seesaa.net/article/444369887.html
英語は使えるに越したことはありません。ただ使えなくても大して
困ることはありません。それよりも重要なものがありますので、た
んに優先順位の問題で外国語の勉強はする必要がない、というのが
私の勝手な持論...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●長距離型の論理思考の使い方
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20120605/311362/

●リーダーが知っておきたい清水次郎長の一言とは?(前編)
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/news/1506/060800143/?ml
「人を動かすには、肩書きなしの人間力で魂を揺さぶらねばならな
い。そして自己の最善を他社に尽くしきることが大切である」!)!)。
セコムでCIO、社長、会長を歴任した木村昌平氏(現・益子昌平塾
 塾長)は自身のリーダーシップ論やITが進化する本質などについ
 て語り、聴講者の共感を呼んだ。

●バッチファイルの基本的な使い方
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1506/26/news026.html
Windowsの管理業務では、コマンドプロンプトを使った作業も少な
くない。いつも決まったことを行う定型処理が多ければ、バッチフ
ァイルにしていつでも簡単に実行できるようにしておこう。本記事
では、基本的なバッチファイルの作成/利用方法についてまとめて
おく。

●なかなか寝付けない夜には「つぶやき入眠術」!
病気由来の不眠でないかをチェックリストで確認
http://nkbp.jp/1T1ApSv


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■元気と勇気が出る仕事術
樋口廣太郎 『元気と勇気が出る仕事術!)創造型ビジネスマンをつ
くる仕事十則・管理職十訓』


今、社会は新しい時代に向けて再構築の時期に入っている。
その過程で、いくらか不安定な状況が続いている。古来、歴史は破
壊と創造の連続である。

不安定の先には必ず新しい明るい社会が出現する。
そして、この新しい明るい社会とは、創造性に満ち、個人の独創性
が今まで以上に生かされる社会となることだろう。

よりクリエイティブで、よりパワフルなビジネスマンが、新しい時
代を創り、さらに前向きにすすんでいくために、筆者から全てのビ
ジネスマンに贈るエール。

人間として生き、ビジネスマンとして働くことの原点となる「ここ
ろ」を持つこと。そしてビジネスマン一人ひとりが「こころ」を持
つことによって、個人として・社会人としてより強い自分になって
もらいたいと、筆者が願いを込めて書いた仕事・管理職に関する珠
玉の法則20篇。

著者、樋口廣太郎氏は、アサヒビール元社長。
アサヒ中興の祖と言われ、「アサヒ スーパードライ」で低迷する
アサヒを一気に業界トップにした。その仕事の基本法則は全てのビ
ジネスマンに心に留めてほしい名言。


◆アマゾンで見る
元気と勇気が出る仕事術
http://www.amazon.co.jp/dp/4871904075/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
元気と勇気が出る仕事術
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784871904070%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

●本書を引用した記事
・視野を広げる
http://sarahin.seesaa.net/article/416759947.html

・「自分も賛成です」で終わらせない
http://sarahin.seesaa.net/article/404612365.html

・生き金・死に金
http://sarahin.seesaa.net/article/347443130.html

・チームに必要な2つのスキルを育てる
http://saracompass.seesaa.net/article/453171050.html

・元気と勇気が出る仕事術:約束は守れ、守れない約束はするな
http://saracompass.seesaa.net/article/440103049.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。