マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント__今日の仕事術

2018/02/05

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ 今日の仕事術 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●【アンドロイドアプリ】KeepDo!
http://sarahin.seesaa.net/article/388695808.html
セブンイレブンなどのフランチャイズやチェーン店というのは、や
る側(セブン-イレブンならセブンアイホールディングス)にとって
はすごく楽な仕組みですよね。コンビニの経営方法のマニュアルを
作り、他の人(フランチャイズのオーナー)にやらせれば、確実...

●【仕事術】提案の拒否
http://sarahin.seesaa.net/article/283468920.html
部下や後輩から「こんな風にしたらどうでしょう?」と提案が上が
ってくる場合がありますよね。で、聞く限り「全然ダメだわ、こり
ゃ~」みたいな提案も少なからずあります。まぁ、視野が狭いので、
しかたがないのですが、あたまから、「だめ。不採用」といって...

●【仕事術】タスクの多重管理
http://sarahin.seesaa.net/article/303638679.html
仕事は多次元あなたは仕事の管理をどうやってやっているでしょう
か?GTD(Getting Things Done)などの「仕事」や「やるべきこと」
の管理ルールはあるものの、実際にタスクを作ってみると「管理す
るのはは難しい」と感じてました。ちょ...

●【メモ術・ノート術】手帳はいつまでも同じではない
http://sarahin.seesaa.net/article/427187171.html
 以前の記事手帳はアナログかデジタルかで、デジタルの手帳にト
 ライしたけど、最終的にアナログ(手書き)に戻ってきたと書きま
 したが、最近またデジタル化をしつつあります。ひとつには、ス
 ケジューラが非常に安定してきて、使いやすくなったこと、もうひと...

●【知的生産術】「やりたいこと」はいつもひとつだけにして必ず結果を出す
http://saracompass.seesaa.net/article/444369846.html
やりたいことリストは勢いで書くと結構なボリュームになります。
これを実行するときには、かならずひとつだけにしぼってやらない
と、注意力が散漫になったり、どれも結果が出せない事態に陥ります...


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ ネットで見つけた仕事術関連の記事 ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●デザインシンキングの発想の起点は『○○○』
http://nkbp.jp/2czrK9k
既存の技術やマーケットをベースに論理的に発送するやり方を「ロ
ジカル・シンキング」と呼ぶなら、デザインシンキングは発想の起
点が全く異なる。デザイナーたちが重視するのは、『生活者』であ
る人間の姿だからだ。生活者がどんな行動を取り、どんな考え方を
するか、どんな感情を示すか、などを詳細に観察し、時にはインタ
ビューすることで何を求められるのかを把握することが、発想の起
点になる。

●ビジネス英語の歩き方:グローバル化と国際化ってどう違うの?
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1301/11/news010.html

●気鋭の経営者に聞く、組織マネジメントの流儀(2)
なぜ部下にイライラしてしまうのか? 上司が歩む3つのステップ
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1304/19/news006.html

●世界一英語が下手な日本人、“脳科学的”に仕方がない理由
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/ngg/111800019/?ml
なぜ、日本人は英語ができないのか。一方で、日本語が達者な外国
人が増えているような気がする。国同士が陸続きの欧州では、数カ
国語を操れるというのは当たり前だ。こちらは英語一つでも苦労し
ているのに、彼らはなぜ、語学が堪能なのか?


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ この本を読んでみて! ■■
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

■ティール組織!)マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
次の組織モデルは、これだ。

 上下関係も、売上目標も、予算もない! ?
 従来のアプローチの限界を突破し、
 圧倒的な成果をあげる組織が世界中で現れている。
 膨大な事例研究から導かれた新たな経営手法の秘密とは。

 原書発売後またたくまに世界中に広がり、12カ国語・20万部を超
 えるベストセラーに。新しい時代の経営論として支持を集める待
 望の一冊、ついに日本上陸。


 「高い次元の組織」とは何か、という問いに答える刺激的な一冊。
 ロバート・キーガン(ハーバード大学教育大学院教授、『なぜ人と
 組織は変われないのか』著者)

 ポスト資本主義時代における新しい組織モデルのバイブルとして、
 21世紀の歴史に刻まれる本になるでしょう。
 佐宗邦威(biotope代表/戦略デザイナー、『21世紀のビジネスにデ
 ザイン思考が必要な理由』著者)


◆アマゾンで見る
ティール組織!)マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
http://www.amazon.co.jp/dp/4862762263/shori0763-22/ref=nosim

◆楽天で見る
ティール組織!)マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0ec76aea.6cafa22e.0ec76aeb.9a735fec/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d9784862762269%26scid%3daf_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f

◆DMMで見る
ティール組織!)マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現
http://www.dmm.com/mono/dvd/-/detail/=/cid=n_1388empb0008/?i3_ref=search&i3_ord=30/shori07622-001

●本書を引用した記事
・「ティール組織」ってなんだ?
http://saracompass.seesaa.net/article/456044256.html

・「ティール組織」ってなんだ?
http://saracompass.seesaa.net/article/456044087.html



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。