マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント_Vol.0513

2016/10/20

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ Vol.0513 やらない勇気
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

メルマガへのご登録ありがとうございます。
本日のメニューです。ご参考になればうれしいです。

【1】やらない勇気
【2】本日の参考図書
【3】ネットで見つけたビジネスのヒント
【4】詳細記事へのリンク


※本記事は、以下のブログ記事を要約したものです。
※詳細は、以下のリンクをご参照ください。

※ サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
※ 『やらない勇気』
※ http://sarahin.seesaa.net/article/375424909.html

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【1】やらない勇気
!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)
今年管理職昇進された方、おめでとうございます。

一般職時代にやっていた仕事と管理職の仕事は根本的に違います。
もちろん、いまは「プレイングマネージャー」というのもあるので
すが、管理者の仕事はは基本的には、「動かないこと」だと考えて
ます。

★P97!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)
●重い責任

部下たちが汗水を流しているときにリーダーが動かずに、考え事を
していれば、そんな愚痴を吐きたくなる気持ちもわかります。

ですが、リーダーは作業を行うべきじゃありません。
未来を変えるという大きな責任があるからです。

リーダーがやるべきことは、人一倍、周囲に目を配ったり、皆が気
持ちよく動けるような規制を考えたり、お互いがお互いを助け合え
るような、雰囲気をつくることです。

吉田松陰(著)  『覚悟の磨き方』
!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)★

という一節があります。
どうも松蔭自身の言葉から筆者が「超訳」したものみたいですが、
これが今回の本題にぴったりでしたので、紹介します。

■仕事を人に任せる
もう一つ引用します。

★!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)
重要なことに取り組めるようになるには、ほかの人にできることは
ほかの人にやってもらうしかない。

P.F.ドラッカー 『ドラッカー名著集1 経営者の条件』
!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)★

■あなたはポジションに合わせて仕事を変えているか?
もう一つ重要な問いがあります。

・3年前と自分の業務範囲が変わっているか?

です。もし同じならあなたは「成果を上げる重要な仕事に集中して
いない」と言えると思います。

■リーダ(マネージャ)のやるべきこと
ここでは、リーダーとマネージャーは同じ責務として「チームの結
果責任を負っている」というリーダーシップの面から見て、同じ意
味で使います。

一人ひとりが結果を求めてチームに貢献することは、チームの構成
員として当然のことですが、リーダーは違います。

「チームがどのようにしたら最高のパフォーマンスが発揮でき、更
に上位の組織に貢献できるか」がリーダーの責務です。

したがって、たとえ本人が動いたほうが一時的に結果が大きくなろ
うと、本人は動いてはいけません。

もしあなたがリーダーになった時、後輩や部下に「○○さんは口し
か出さない」と言われたらなんと答えるでしょうか?

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【2】本日の参考図書
!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)
■覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰
不安と生きるか?
理想に死ぬか?

外国の文明を学ぼうと、死罪を覚悟で黒船に乗り込もうとした。
幽閉の処分となると、小さな塾を開いて、高杉晋作や伊藤博文など、
後の大臣や大学創設者になる面々を育てた。
誰よりも遠くを見据えながら、幕末を熱く駆け抜けた天才思想家・
吉田松陰。

彼の「心」「志」「士」「友」「知」「死」日本史上、最も熱くて
リアルな人生哲学が世代を超えて心に響く、強くてやさしい言葉で
よみがえる。

◆アマゾンでみる
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4861139929/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4861139929&linkCode=as2&tag=shori0763-22

◆楽天でみる
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0eb85ffa.2f045131.0eb85ffb.6dc60d14/?pc=http%3a%2f%2fbooks.rakuten.co.jp%2frb%2f12336511%2f%3fscid%3daf_link_tbl&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f16463700%2f

■ドラッカー名著集1 経営者の条件
ドラッカー・エターナル・コレクション第一弾。
絶大な人気を誇る不朽の名著。成果をあげるためにいかなる行動を
とるべきか。己の強みを知り、時間を知り、なすべきこととなさざ
るべきことを知る。すべての知識労働者に必須の書。

◆アマゾンでみる
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478300747/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4478300747&linkCode=as2&tag=shori0763-22

◆楽天で見る
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0eb85ffa.2f045131.0eb85ffb.6dc60d14/?pc=http%3a%2f%2fbooks.rakuten.co.jp%2frb%2f4164637%2f%3fscid%3daf_link_tbl&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f11926710%2f
ラッカー名著集(1)


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【3】ネットで見つけたビジネスヒント
!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)

●人気連載まとめ
教育資金の非課税贈与、孫1人当たり1500万円上限に利用者急増
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_197892_66474_12

●書評まとめ
フランス革命、世界最高のプレゼン、サイバー攻撃など5冊の書評
http://cmad.nikkeibp.co.jp/?4_197892_66474_13


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【4】詳細記事へのリンク
!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)

本記事は、過去にご紹介したヒントの要約で2~3分で読めるように
しています。より詳しくご覧になりたい場合には、以下の詳細記事
へのリンクがありますので、ご利用ください

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
『やらない勇気』
http://sarahin.seesaa.net/article/375424909.html


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。