マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント_Vol.0509

2016/10/14

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ Vol.0509 面接技術:技術を話す
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

メルマガへのご登録ありがとうございます。
本日のメニューです。ご参考になればうれしいです。

【1】面接技術:技術を話す
【2】本日の参考図書
【3】ネットで見つけたビジネスのヒント
【4】詳細記事へのリンク


※本記事は、以下のブログ記事を要約したものです。
※詳細は、以下のリンクをご参照ください。

※ サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
※ 『面接技術:技術を話す』
※ http://sarahin.seesaa.net/article/397794101.html

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【1】面接技術:技術を話す
!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)
今回は、技術面接で必ず質問される

学生なら「研究テーマについて」
中途なら「前職での技術について」

について。

「技術」と言ってしまうと広いので、通常は

「あなたはどのような分野にどのような強みを持っていますか?」
「前職でどのような技術を発揮していましたか?」

みたいな聞き方をします。

結局聞きたいのは、その人の持っている技術や能力です。

■テーマについて話す
まず、自分のテーマについて話すときには、相手はシロウトだと思
って話すことが前提です。

面接官は概ね、人事担当者、部門責任者、部門の技術責任者が担当
します(重複していることもありますが)。もともと採用は「こうい
う技術・能力を持った人を採用したい」ということからスタートす
るので、当然その力を持った人が面接をするのですが、それだけで
はなく、人事権を持った人や採用判断をする人も参加して、その人
の技術力の評価を参考に採否の判断をするわけです。

したがって、あなた(応募者)の専門分野の知識がない場合が少なく
ないんですよ。

そうすると、「ビッグデータ解析における××法の~」とか「SLA
締結におけるダウンタイムが~」とかいってもわからない。わから
ないものは評価のしようがなくなります。

それを如何に相手にわかるように伝えるかというのが、うまい人の
ほうがやっぱり合格率が高いですね。

この辺りは池上彰氏の説明の仕方がすごくうまくて勉強になります。
「本日の参考図書」でご紹介している2冊はオススメ。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【2】本日の参考図書
!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)
■わかりやすく伝える技術
会議やプレゼンの前に必読!人気筆者による入門書 フリップの発想
でパワポづくり、原稿は引き算で見直す、聞き手の注意はこう引き
つける、名司会者に間を学ぶ──など、「テレビ的発想の説明術」
を体験から伝授する。

◆アマゾンで見る
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062880032/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4062880032&linkCode=as2&tag=shori0763-22

◆楽天で見る
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0eb85ffa.2f045131.0eb85ffb.6dc60d14/?pc=http%3a%2f%2fbooks.rakuten.co.jp%2frb%2f6125586%2f%3fscid%3daf_link_tbl&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f13230130%2f

■伝える力
商談や会議、プレゼンテーションや企画書・報告書の作成、電話での交渉、メ
ールでの連絡 ---- ビジネスの現場で行なわれている日常業務。仕事の「でき
る」「できない」を左右するのは、意外とこうした基礎をしっかりやるかどう
か。それには上司や部下、顧客とのコミュニケーションをいかに円滑にするか
が鍵を握る。

本書は「話す」「書く」「聞く」の 3 つの能力の磨き方を紹介。これができ
ると自ずと成績・業績に結びつくもの。長年 NHK の『週刊こどもニュース』
のお父さん役を務めてきた著者 ( 現在はフリージャーナリストとして独立 )
ならではの極意を伝授する。伝えることの難しさを身をもって経験しているだ
けに、ビジネスの現場でも十分応用が効く智恵が盛りだくさんである。

相手を惹きつける、ビジネス文書を書く、文章力をアップさせるなど、本書の
秘訣を習得すれば、仕事が楽しく、やりやすくなること間違いなしだ。

◆アマゾンで見る
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4569690815/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4569690815&linkCode=as2&tag=shori0763-22

◆楽天で見る
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0eb85ffa.2f045131.0eb85ffb.6dc60d14/?pc=http%3a%2f%2fbooks.rakuten.co.jp%2frb%2f4352242%2f%3fscid%3daf_link_tbl&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f12033391%2f

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【3】ネットで見つけたビジネスヒント
!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)

●《Windows 7をあと5年使い切る!》
【新アカウント編】新品同然の環境を作って高速起動
http://pc.nikkeibp.co.jp/article/technique/20140402/1126624/?set=ml
パソコンが古くなったと実感するのは、電源を入れて起動するとき
かもしれない。
いつまでも起動しないパソコンには、いつもイライラさせられる。
起動が遅くなる要因の1つがレジストリの肥大化だ。

●アイデアを隠しても得をしない幾つかの理由
 http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1405/16/news068.html
「横取りされるのではないか」と心配して、思いついたアイデアを
ひた隠しにする人がいるかもしれません。しかしそれは、杞憂であ
るばかりか、チームの生産性を損なうことになります。その理由とは?



★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【4】詳細記事へのリンク
!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)

本記事は、過去にご紹介したヒントの要約で2~3分で読めるように
しています。より詳しくご覧になりたい場合には、以下の詳細記事
へのリンクがありますので、ご利用ください

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
『面接技術:技術を話す』
http://sarahin.seesaa.net/article/397794101.html


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。