マネジメント

サラヒン・リバイバル〜サラリーマンの仕事のヒント

平凡なサラリーマンな私が、100人超の部門長にキャリアアップしてきたリーダーシップ術、マネジメント術、交渉術、人脈形成、心理操作技術、知的生産術などを1〜2分で読めるように要約してお送りします。

全て表示する >

サラヒン・リバイバル~サラリーマン仕事のヒント_Vol.0493

2016/09/22

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サラヒン・リバイバル~サラリーマンの仕事のヒント
               ホームブログ: http://sarahin.seesaa.net/

サラリーマンが会社で成功するためには仕事の技術を身に付けること
です。私が過去に実際にやって効果のあったテクニックを公開します。

ビジネス書や自己啓発書はたくさんありますが、こういった本の
著者の方は、ビジネスにおいても独立起業された、いわゆる成功者。

そのレベルは凡サラリーマンにはちょっとハードルが高い。
そこで、平凡なサラリーマンな私が、これらの本から学んだり、
経験的に得て実践していること、ちょっとした気づきなど、普通
のサラリーマンでも実践できるハードルの低い、半歩だけ差をつける
仕事のヒントの過去記事紹介していきます。

本記事のヒントとなったサラリーマンとしての考え方を別の
記事でご紹介してます。
こちらも合わせて読むと、より効果的かも。

シゴトコンパス~サラリーマンの仕事の羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
■■ Vol.0491 バカな上司の下でも成長できる仕事術2
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

メルマガへのご登録ありがとうございます。
本日のメニューです。ご参考になればうれしいです。

【1】バカな上司の下でも成長できる仕事術2
【2】本日の参考図書
【3】ネットで見つけたビジネスのヒント
【4】詳細記事へのリンク


※本記事は、以下のブログ記事を要約したものです。
※詳細は、以下のリンクをご参照ください。

※ サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
※ 『バカな上司の下でも成長できる仕事術2』
※ http://sarahin.seesaa.net/article/374273877.html

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【1】バカな上司の下でも成長できる仕事術2
!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)
本日は、「バカな上司の下でも成長できる仕事術」の続きです。

「バカな上司」とは、たぶん自分の実力にある程度自信がある人な
ら、だれでも考えたことがある言葉ではないでしょうか。

「親と上司は選べない」とはよく言ったもので、まったくその通り
で、話していると頭痛がしてくるような上司に何度も出会いました
(「頭痛がする」という表現に抑えておきます…)。
サラリーマンですので、人事から、「この人の下で仕事をするよう
に」といわれれば、「いや」はありません。

上司問題にかぎらず、本書にはそんな「自分の力や成長の悩み」を
解決する方法が書かれています。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■キーポイント

P91━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇自分の強みを、自分で見つけようとするな
会社の中で「強み」になるのは、案外、相対的なものです。日本語
が喋れるなんて当たり前。ところが、もし口本語を読み書きできる
人が少ない外資系の会社に入ったら、日本語が強みになります。こ
れはまあ極端な例ですか、強みというのはそのようなものです。

私も若いころは、夢を描き、為替のディーラーになって華 々 しく
活躍したいと考えていました。だから?W為替の決定理論?Wという研
究をテーマにして、勉強を重ねていました。その分野の知識に関し
ては自信がありました。けれど会社は、私を為替のディーラーには
抜擢してくれませんでした。その代わり、貿易実務を専門に学ぶ研
修生に選んでくれて、そこで学んだ外国為替の知識を生かした切り
口で新たな顧客を開拓し、全国でトップクラスの営業成績を挙げる
ことができました。自分の強みは、必ずしも白分が思っているもの
とは違います。強みを見つけてくれるのは、上司です。強みを作っ
てくれるのは、会社の環境です。強みを自分で見つけようとせず、
周囲に発掘してもらうくらいの気構えが大事です。
!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)


P112━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
就職情報サイトの広告には、「個性派を求めるー」などと書いてあ
りますが、あれは一定の枠にはまった中でのチ個性?Wを言っている
のであって、会社の枠をはみ出すほどの個性を企業は求めていませ
ん。会社が求めているのは、「言われたことを、言われたとおりに
やれる人」です。だから、あえて「マニュアル人間」になる。「ノ
ウハウ本」に学び、成功者たちのノウハウを学び実践する姿勢は重
要な成功への近道です。[守・破・離」という言葉がありますが、
まずは一流の人をマネしてみるのが正しいやり方です。
!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【2】本日の参考図書
!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)
■どんなにバカな上司の下でも成長できる仕事術
いくら不満を並べても上司は変わりません。尊敬できない上司は
「お客様」だと思って仕事をするのです。お客様だと思えば腹も立
たなくなるでしょう。実際、あなたの仕事の評価をするのは会社の
上司です。見方を変えれば、上司はあなたのお客様そのものです。
尊敬できない上司の下でこそ、あなたは成長できるのです。

◆アマゾンで見る
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478020825/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4478020825&linkCode=as2&tag=shori0763-22

◆楽天で見る
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0eb85ffa.2f045131.0eb85ffb.6dc60d14/?pc=http%3a%2f%2fbooks.rakuten.co.jp%2frb%2f11871285%2f%3fscid%3daf_link_tbl&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f15997402%2f

◆その他Webリンク
http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/52037310.html


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【3】ネットで見つけたビジネスヒント
!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)

●デザインシンキングの発想の起点は『○○○』
http://nkbp.jp/2czrK9k
既存の技術やマーケットをベースに論理的に発送するやり方を「ロジカル・シンキ
ング」と呼ぶなら、デザインシンキングは発想の起点が全く異なる。デザイナーたち
が重視するのは、『生活者』である人間の姿だからだ。生活者がどんな行動を取り、
どんな考え方をするか、どんな感情を示すか、などを詳細に観察し、時にはインタビ
ューすることで何を求められるのかを把握することが、発想の起点になる。

●「働き方改革」に取り組む
http://nkbp.jp/2czrdnM
働き方を根本から変えれば、仕事の生産性はもっと高まり、余暇に使える時間も増や
せる!)!)。ひと昔前なら“夢や理想”に過ぎなかったこうした「働き方改革」に本気
で取り組み、成果を上げる企業が続々と出始めている。成否の鍵を握るのはもちろん
「デジタル技術」の活用だが、取り組むに当たって他にも何か重要なことはあるのか。
ヒントを得るのに役立つ記事を集めた。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【4】詳細記事へのリンク
!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)!)

本記事は、過去にご紹介したヒントの要約で2~3分で読めるように
しています。より詳しくご覧になりたい場合には、以下の詳細記事
へのリンクがありますので、ご利用ください

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
『バカな上司の下でも成長できる仕事術2』
http://sarahin.seesaa.net/article/374273877.html


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

具体的な実践事例をもっと知りたい方はこちら

サラヒン~サラリーマンの仕事のヒント
http://sarahin.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
上記ページのメルマガ登録でお願いします。

サラリーマンの考え方を知りたい方はこちら

シゴトコンパス~サラリーマンのしごとの羅針盤
http://saracompass.seesaa.net/

最新の更新情報をメルマガで配信してます。
こちらから
http://melma.com/backnumber_198261/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-27  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ平日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。