名言

現代版【松下村塾】リーダー塾

偉人の名言を紹介した現代版【松下村塾】リーダー塾。

松下村塾がリーダーを輩出したように、現代版【松下村塾】リーダー塾も本気でリーダーを輩出します。

毎日12時頃に届く偉人の名言を熟読して、リーダーになろう!

全て表示する >

徳川家康の名言

2018/08/26

発行人のリーダー塾(とくたけ)です。
拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが、
よろしくお願いします。

■発行人おすすめコーナー
■編集後記

_________________________________

■発行人おすすめコーナー
_________________________________

発行人がおすすめのものを、毎日ピックアップしてご紹介していきます。

今日は「徳川家康の名言」についてです。

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、江戸幕府の初代征夷大将軍。三英傑の一人。 
国: 日本(現在の愛知県岡崎市) 
生: 1543年1月31日 
没: 1616年6月1日(享年73歳) 
1543年1月31日(天文11年12月26日)、戦国時代中期に三河国の土豪である松平氏の当主・松平広忠の嫡男として岡崎城(愛知県岡崎市康生町)に生まれる。家康の幼名は竹千代。 
竹千代が4歳のころ、父の広忠は織田氏に対抗するため駿河国の今川氏に従属し、忠誠を示すため竹千代を人質として差し出す。しかし、家臣の裏切りにより竹千代は今川氏と対立する織田氏へ送られて人質となる。 
2年後、父の広忠は家臣の謀反によって殺害される。竹千代は人質交換によりあらためて今川氏へ送られ、忍従の日々を過ごす。 
1555年、12歳の家康は駿府の今川氏の下で元服。1557年、14歳の家康は瀬名(築山殿)と結婚。 
1560年、家康が17歳のときに桶狭間の戦いで今川義元が織田信長に討たれる。家康は信長と同盟を結び、三河国・遠江国に版図を広げていく。 
1572年、将軍・足利義昭の織田信長討伐令の呼びかけに応じる形で甲斐の守護大名・武田信玄が甲府を進発。 
武田軍に対峙した徳川家康は、1572年の二俣城の戦い(徳川軍と武田軍の戦い)、1573年の三方ヶ原の戦い(徳川・織田連合軍と武田軍の戦い)で敗退。しかし、信玄は三河で病を発し、信濃で病死。 
1582年、家康が39歳のとき、本能寺の変により信長が自害。その後、勢力を伸張した豊臣秀吉と家康の対立が深まり、1584年の小牧・長久手の戦いで秀吉と対峙。家康は軍略的には勝利したものの政略的には後れをとり、豊臣氏に臣従することになる。 
1590年、家康が47歳のとき、小田原征伐において北条氏が滅亡。家康は秀吉から関東への領地替えを命じられたが、豊臣政権の下で最大の領地を得、五大老の筆頭となる。 
秀吉没後の1600年、57歳の家康は関ヶ原の戦いにおいて勝利。1603年、60歳の家康は征夷大将軍に任命され、江戸城に幕府を開く。 
家康は全国を支配する体制を確立し、応仁の乱から100年以上続いた戦乱の時代に終止符を打った。 
1616年6月1日(元和2年4月17日)、徳川家康は73年の生涯を閉じた。家康の開いた江戸幕府は明治維新まで264年間続く。
https://item.fril.jp/763791ae302480c9679f00f5beadffe9

_________________________________

■編集後記
_________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
発行人おすすめコーナーでは、あなたの役に立つ情報を提供できればと思っています。

ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡ください。
では、次号でお会いしましょう!!   リーダー塾(とくたけ)
────────────────────
今日のメルマガはいかがでしたか?
ひとことのご感想をいただけると
励みになります(^^)ご返信ください♪
────────────────────
*  とくたけプロフィール  *
これまでに地方公務員、国家公務員等を経て
リーダー塾の道へ。
社会を豊かにする活動に勤しむ方々の、
リーダー戦略をサポートできることに、
日々喜びを感じています!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-14  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。