名言

現代版【松下村塾】リーダー塾

偉人の名言を紹介した現代版【松下村塾】リーダー塾。

松下村塾がリーダーを輩出したように、現代版【松下村塾】リーダー塾も本気でリーダーを輩出します。

毎日12時頃に届く偉人の名言を熟読して、リーダーになろう!

全て表示する >

ディズニーの名言

2018/07/26

発行人のリーダー塾(とくたけ)です。
拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが、
よろしくお願いします。

■発行人おすすめコーナー
■編集後記

_________________________________

■発行人おすすめコーナー
_________________________________

発行人がおすすめのものを、毎日ピックアップしてご紹介していきます。

今日は「ディズニーの名言」についてです。

ウォルト・ディズニー 
アニメーター、プロデューサー、実業家、ミッキー・マウスの生みの親。 
国: 米国 
生: 1901年12月5日 
没: 1966年12月15日(享年65歳) 
1901年12月5日、イリノイ州シカゴに4番目の子として生まれる。一家はウォルトが幼い時にミズーリ州へ引っ越して農業を始める。父は子供達に対して愛情に欠けた厳格な態度で接し、親子は長年距離を置いていた。 
ウォルトは少年時代から絵が好きで、動物や自然などを描いていた。小学校時代は父が新聞配達業を始めたため、6年間休むことなく朝3時半に起きて配達を手伝った。この経験により、「配達を忘れる」という夢を晩年に至るまで見ることになる。10歳でカンザスシティーへ引っ越すと、絵画教室で絵を学ぶ機会を得る。 
その後、父が工場経営に加わるため、シカゴに戻る。ウォルトも高校に通いながら、美術学校の夜間部で絵を学ぶ生活を送っていた。 
第一次世界大戦が勃発し、1917年にアメリカが参戦すると、愛国心に駆られたウォルトは学校を退学し陸軍に志願。若年のため、赤十字社の衛生兵として治療などに従事した。 
大戦終結後、漫画家を目指し、カンザスシティーで新聞で漫画を描く仕事を請け負う。19歳でカンザスフィルム社にアニメーターとして雇用され、漫画からアニメへと興味が移っていった。 
1920年、個人事務所を設立し、オリジナルアニメ作品を制作。良い評価を得て、仕事が順調に舞い込み、アニメ制作会社へと拡張。しかし、制作に没頭し、資金のやり繰りが乱雑になり、スタジオは倒産。ウォルトは再起を図ってハリウッドへ移住した。 
ハリウッドでは兄のロイとディズニー・ブラザーズ社を設立。新人アニメーターも雇い、アニメ製作会社へと転進。これが実質的な「ディズニー社」の設立である。 
会社の経営が軌道に乗り、1925年に結婚。実娘をもうけた後に養女を迎えた。忙しい生活を送りつつも、父親に愛されなかった反動もあり二人の娘を溺愛しながら育てた。 
1927年、興行師の紹介で、自社キャラクター「オズワルド・ザ・ラッキー・ラビット」を主人公にしたアニメをユニバーサル配給で制作。オズワルドは人気キャラクターとなり、ディズニー社躍進のきっかけを作った。
https://item.fril.jp/424259243b400a6e9248e41aeefc1cb6
_________________________________

■編集後記
_________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
発行人おすすめコーナーでは、あなたの役に立つ情報を提供できればと思っています。

ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡ください。
では、次号でお会いしましょう!!   リーダー塾(とくたけ)
────────────────────
今日のメルマガはいかがでしたか?
ひとことのご感想をいただけると
励みになります(^^)ご返信ください♪
────────────────────
*  とくたけプロフィール  *
これまでに地方公務員、国家公務員等を経て
リーダー塾の道へ。
社会を豊かにする活動に勤しむ方々の、
リーダー戦略をサポートできることに、
日々喜びを感じています!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-14  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。