名言

現代版【松下村塾】リーダー塾

偉人の名言を紹介した現代版【松下村塾】リーダー塾。

松下村塾がリーダーを輩出したように、現代版【松下村塾】リーダー塾も本気でリーダーを輩出します。

毎日12時頃に届く偉人の名言を熟読して、リーダーになろう!

全て表示する >

マザーの名言

2018/07/16

発行人のリーダー塾(とくたけ)です。
拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが、
よろしくお願いします。

■発行人おすすめコーナー
■編集後記

_________________________________

■発行人おすすめコーナー
_________________________________

発行人がおすすめのものを、毎日ピックアップしてご紹介していきます。

今日は「マザーの名言」についてです。

マザー・テレサ 
カトリック教会の聖人。修道会「神の愛の宣教者会」の創立者。ノーベル平和賞受賞。 
国: 現在のマケドニア共和国 
生: 1910年8月26日 
没: 1997年9月5日(享年87歳) 
1910年8月26日、マザー・テレサことアグネス・ゴンジャ・ボヤジュは、現在のマケドニアのスコピエに3人兄弟の末っ子(次女)として生まれた。父は地元の名士で事業を営む実業家であり、アルバニア独立運動の闘士でもあった。両親はカトリック教徒であり、信仰心に篤く、貧しい人への施しを積極的に行っていた。 
アグネスは聡明な子で12歳の時には将来インドで修道女として働きたいという望みを持っていた。18歳のとき、アグネスは故郷のスコピエを離れ、アイルランドで女子教育に力を入れているロレト修道女会に入った。 
基礎教育を受けたアグネスは修練女として1931年にインドのダージリンに赴いた。初誓願のときに選んだ修道名がテレサであった。 
テレサは1929年から1947年までカルカッタ(現在のコルカタ)の聖マリア学院で地理と歴史を教える。上流階級の子女の教育にあたりながらも、テレサの目にはいつもカルカッタの貧しい人々の姿が映っていた。 
1946年9月、テレサは休暇のためダージリンに向かう汽車に乗っていた際に「すべてを捨て、最も貧しい人の間で働くように」という啓示を受けたという。 
1948年、ローマ教皇ピウス12世からの修道院外居住の特別許可が得られ、テレサは修道院を出て、カルカッタのスラム街の中へ入っていった。彼女は手始めに学校に行けないホームレスの子供たちを集めて街頭での無料授業を行うようになった。 
1950年に「神の愛の宣教者会」を設立。同会の目的は「飢えた人、裸の人、家のない人、体の不自由な人、病気の人、必要とされることのないすべての人、愛されていない人、誰からも世話されない人のために働く」ことであった。テレサは修道会のリーダーとして「マザー」と呼ばれるようになる。 
1969年、アメリカ人が撮ったドキュメンタリー映画『すばらしいことを神さまのために』によってテレサの活動はアメリカのみならず、全世界で知られるようになった。その活動は高く評価され、1979年のノーベル平和賞など多くの賞を受けた。 
1997年9月5日、テレサはカルカッタにて87年の生涯を終える。
https://item.fril.jp/6449e0839bf893d234e42b5ba9157fe8

_________________________________

■編集後記
_________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
発行人おすすめコーナーでは、あなたの役に立つ情報を提供できればと思っています。

ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡ください。
では、次号でお会いしましょう!!   リーダー塾(とくたけ)
────────────────────
今日のメルマガはいかがでしたか?
ひとことのご感想をいただけると
励みになります(^^)ご返信ください♪
────────────────────
*  とくたけプロフィール  *
これまでに地方公務員、国家公務員等を経て
リーダー塾の道へ。
社会を豊かにする活動に勤しむ方々の、
リーダー戦略をサポートできることに、
日々喜びを感じています!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-14  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。