名言

現代版【松下村塾】リーダー塾

偉人の名言を紹介した現代版【松下村塾】リーダー塾。

松下村塾がリーダーを輩出したように、現代版【松下村塾】リーダー塾も本気でリーダーを輩出します。

毎日12時頃に届く偉人の名言を熟読して、リーダーになろう!

全て表示する >

松下幸之助の名言

2018/07/12

発行人のリーダー塾(とくたけ)です。
拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが、
よろしくお願いします。

■発行人おすすめコーナー
■編集後記

_________________________________

■発行人おすすめコーナー
_________________________________

発行人がおすすめのものを、毎日ピックアップしてご紹介していきます。

今日は「松下幸之助の名言」についてです。

パナソニック(旧松下電器)を一代で築いた経営者。経営の神様と呼ばれる。 
国: 日本 
生: 1894年11月27日 
没: 1989年4月27日(享年94歳) 
1894年(明治27年)11月27日、和歌山県海草郡和佐村(現:和歌山市禰宜)に、三男として生まれる。 
1899年頃、父が米相場で失敗し破産。一家は下駄屋を始める。しかし、父には商才もなく店を畳んだため、幸之助は尋常小学校を4年で中退し、9歳で大阪に丁稚奉公に出る。後に奉公先を自転車店に移し、自転車商売の原点を学ぶ。大阪に導入された路面電車を見て感動し、電気に関わる仕事を志し、16歳で大阪電灯(現:関西電力)に入社。当時、電球の取り外しは危険な作業であったため、在職中に簡単に電球を取り外すことができる電球ソケットを考案。18歳で関西商工学校夜間部予科に入学。22歳で大阪電灯を依願退職した。その後、大阪の自宅で、妻とその弟の井植歳男(戦後に三洋電機を創業)などと電球ソケットの製造販売に着手。売り上げは芳しくなかったが、扇風機の部品を大量受注したことで窮地を脱し、その後アタッチメントプラグや二灯用差込みプラグがヒットしたため経営が軌道に乗る。電球ソケットに続き、カンテラ式で取り外し可能な自転車用電池ランプを考案し、これらのヒットで乾電池などにも手を広げた。第二次世界大戦中は、軍需品の生産に協力。戦後GHQによって制限会社に指定され、幸之助以下役員の多くが戦争協力者として公職追放処分を受ける。「松下は一代で築き上げたもので、買収などで大きくなった訳でもなく、財閥にも当らない」と反駁する一方、1946年11月にはPHP研究所を設立し、倫理教育に乗り出すことで世評を高め、人員整理を極力避けたことを感謝した労働組合もGHQに嘆願したため、制限会社指定を解除され、1947年に社長に復帰。 
1957年には自社製品販売要請に応じた小売店を自社系列電器店網へ組み込み、日本初の系列電器店ネットワーク「ナショナルショップ(現:パナソニックショップ)」を誕生させた。 
1961年に会長に就任し、第一線を退き、1973年、80歳を機に現役を引退し、相談役に退く。1979年、政界に貢献するため私財70億円を投じて松下政経塾を設立。 
1989年4月27日、気管支肺炎のために94歳で死去した。
https://item.fril.jp/f23a496743f3f34856351fb5a6dce245

_________________________________

■編集後記
_________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
発行人おすすめコーナーでは、あなたの役に立つ情報を提供できればと思っています。

ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡ください。
では、次号でお会いしましょう!!   リーダー塾(とくたけ)
────────────────────
今日のメルマガはいかがでしたか?
ひとことのご感想をいただけると
励みになります(^^)ご返信ください♪
────────────────────
*  とくたけプロフィール  *
これまでに地方公務員、国家公務員等を経て
リーダー塾の道へ。
社会を豊かにする活動に勤しむ方々の、
リーダー戦略をサポートできることに、
日々喜びを感じています!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-14  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。