名言

現代版【松下村塾】リーダー塾

偉人の名言を紹介した現代版【松下村塾】リーダー塾。

松下村塾がリーダーを輩出したように、現代版【松下村塾】リーダー塾も本気でリーダーを輩出します。

毎日12時頃に届く偉人の名言を熟読して、リーダーになろう!

全て表示する >

アントニオ猪木の名言

2018/07/07

発行人のリーダー塾(とくたけ)です。
拙い文章でお見苦しいところがあるかも知れませんが、
よろしくお願いします。

■発行人おすすめコーナー
■編集後記

_________________________________

■発行人おすすめコーナー
_________________________________

発行人がおすすめのものを、毎日ピックアップしてご紹介していきます。

今日は「アントニオ猪木の名言」についてです。

日本のプロレスラー、実業家、政治家。 
国: 日本(神奈川県横浜市鶴見区) 
生: 1943年2月20日 
1943年2月20日、神奈川県横浜市鶴見区に生まれる。本名は猪木寛至(かんじ)。 
父は猪木が5歳のときに死去。実家は石炭問屋であったが、戦後になりエネルギーの中心が石油に移り変わり倒産。 
貧困を抜け出せるかもしれないという希望から、猪木が13歳のときに母親、祖父、兄弟とともにブラジルへ渡り、サンパウロ市近郊の農場で少年時代を過ごす。 
猪木はブラジルで陸上競技選手として現地の大会に出場し、砲丸投げで優勝するなど活躍。 
1960年4月、17歳の猪木はブラジル遠征中の力道山(1924〜1963)の目に留まり直接スカウトされる。 
日本に帰国した猪木は日本プロレスに入団、1960年9月にデビュー。 
デビュー後、猪木は力道山の付き人となったものの、力道山は1963年12月に死去。 
1964年、21歳の猪木はアメリカ武者修行に出発。 
1966年に帰国後、猪木をエースとする東京プロレスを旗揚げするも3カ月で倒産。猪木は日本プロレスに復帰する。 
日本プロレス復帰後はジャイアント馬場とのタッグチーム「BI砲」としてインターナショナル・タッグ王座を獲得。 
その後、馬場との対戦要求が容れられなかったことや日本プロレスの経理が不透明であったことなど、日本プロレスとの度重なる確執から猪木は1971年に追放処分を受ける。 
同年11月、28歳のアントニオ猪木は女優の倍賞美津子と結婚。 
翌年、猪木は新日本プロレスを旗揚げ。当初はテレビ放送もなく苦しい経営であったが、アメリカのプロレス団体WWWF(現:WWE)と提携して以降は外国人スターを呼べるようになり、プロレス黄金時代を築いた。 
新日本プロレスは、「プロレスこそ全ての格闘技の頂点である」と標榜。アントニオ猪木は自身の最強を証明するため、異種格闘技路線への挑戦を続け、後年の総合格闘技の礎を築いた。 
1976年、33歳の猪木はプロボクシング世界ヘビー級チャンピオンのモハメド・アリと対戦。世界各国に中継され話題を呼んだ。 
1989年、46歳の猪木はスポーツ平和党を結成。同年の参議院選挙に出馬し初当選。 
1998年4月、猪木は55歳でプロレスを引退。 
2013年、参議院選挙に日本維新の会から出馬し当選。
https://item.fril.jp/bd686552f37f85251d6309fe293df1ef

_________________________________

■編集後記
_________________________________

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
発行人おすすめコーナーでは、あなたの役に立つ情報を提供できればと思っています。

ご感想・ご意見は、お気軽にご連絡ください。
では、次号でお会いしましょう!!   リーダー塾(とくたけ)
────────────────────
今日のメルマガはいかがでしたか?
ひとことのご感想をいただけると
励みになります(^^)ご返信ください♪
────────────────────
*  とくたけプロフィール  *
これまでに地方公務員、国家公務員等を経て
リーダー塾の道へ。
社会を豊かにする活動に勤しむ方々の、
リーダー戦略をサポートできることに、
日々喜びを感じています!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-07-14  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。