九州・沖縄

大牟田からの独り言かわら版

1997年創設の大牟田からの独り言の日記の項目をメールマガジンにしました。よって内容はとりとめもありません。
発行も、かつてのあるひとに敬意を表し不定期便です。

全て表示する >

大牟田からの独り言かわら版第117号ようこそ先輩

2015/08/14

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
大牟田からの独り言かわら版第117号

はじめに:
水曜日、久々の雨でした。
お盆やすみに入った企業もあり、大牟田の特筆的ニュースがあまりおおくはありません。
読者のみなさまがたにも帰省されたり旅行される方がいるでしょう。
旅路、ご安全に。
___________________
1.大牟田あたりのはなし
△ようこそ先輩△
http://www.nhk.or.jp/kagaijugyou/
妖怪ウォッチなどのヒット作を持つ大牟田市立銀水小学校出身のレベルファイブ日野晃博社長。
大牟田北高校出身の有名人の一人でもある。
そんな日野氏が母校でロケを行ったもようが14日夜に放送される。
彼は小学校にほど近いセブンイレブンの場所にかつて存在したゲームセンターで遊んでいただろうか。

△有明地区中学校軟式野球大会△
延命球場にて8月8日から10日まで開催。
柳川市立昭代中学校が優勝した。
大牟田市立宅峰中学校が準優勝。

△防犯カルタ△
http://www.nishinippon.co.jp/sp/nnp/f_chikugo/article/188358
http://www.police.pref.fukuoka.jp/chikugo/omuta-ps/soumuka/anzenansinbouhankaruta.html
大牟田警察署が三池カルタ歴史資料館(梶原伸介艦長)の監修により作成。暴力団、詐欺、飲酒運転などが題材となっている。
警察の中のひとが書いたせいか、読札の文章が全体的に硬い。
こどもにはわかりにくい。

△甲子園△
http://twitter.com/nrie91/status/631342321892655105
大牟田高校野球部川口寛史監督が甲子園へ出張した模様。
監督さんは34歳と若い。
香月良太の一つ上か。

△桐朋学園△
http://twitter.com/touhoutekken/status/631348511443791872
鉄道研究会が来牟したが、西鉄大牟田線完乗が目的だった様子。
東京から東海道線で大阪へ向かい、そこで別府行きのフェリーに乗り換え九州上陸。各地を回っている。

_______________________
2.日常のこと

わたしのどこかに需要があるのだろうか。
いることに意味があるのかようわからん。
意味があることはわかって悩む人もいる。
この道を行けばどうなることかとかのひと
かつて言へども道を行けば崖が見える気も
なくはない次第だ。あたりのないゆえに。

_____________________

3.世間の話
△ホークス△
内川が四番から外れて、イデホが四番。そして、スタメンに新たに名を連ねたカニザレスがホームランを放つ。
いやはや。
なかなか松中の出番はありそうにない。

△日本のいちばん長い日△
原田眞人監督作品を見た。
1960年代に岡本喜八監督により映画化されているが今作のシナリオは別物で他の著作も取り入れている。
岡本喜八版がオールスターキャストの東宝大作だったのに対して、こちらは松竹の作品。オールスター風ではない。
オープニングでいきなり東条英機大将が登場し終戦時の内閣である鈴木貫太郎内閣の組閣について重臣会議で反対する場面から始まる。
演者は2010年紀伊国屋演劇賞個人賞の中嶋しゅう。初めてみる役者さんだが、上手い。
東条大将は当時の陸軍の雰囲気を代表するかのように参謀本部には乗り込んで将校たちに断固本土決戦だとはっぱをかける(ここは創作)。
戦争は下手だが人望がある(それを示唆する参謀本部のひとの台詞あり)阿南惟幾大将が指名されて陸軍大臣に要請されるが、陸軍首脳部は本土決戦に邁進することを条件としてこれを認める。
阿南大将は天皇陛下の意を汲んで終戦へとすすむ。
ポスターに描かれる役所広司、山崎努、堤真一、本木雅弘、松坂桃李の五人以外のキャストをオールスター大集合にせず舞台系などの渋い面々で固めて彼らの行動をうきたたせている。
ジャニーさん系への釣りも隠れているが、全く目立たない。
本木雅弘の昭和天皇はのスクリーンの中での台詞がかなりあった。あの淡々さを熱演。
後年に広く国民に知られるようになったあの決め台詞(放送の言葉ではない)も登場する。
山崎努、まだ70代だった。
老宰相とされた鈴木貫太郎も77歳。日本歴史上最高齢での総理就任であるがもっと歳上の印象があった。
よぼよぼのなかに隠されたしたたかさを好演。
堤真一、51歳。岡本喜八版では当時40代の加藤武が演じている内閣書記官長。いまの官房副長官(霞ヶ関の代表のようなものだ)に相当する。
彼もまた熱演。
松坂桃李26歳、クーデターの計画者の一人である陸軍省軍事課畑中健二少佐の役。丸坊主になる。
岡本版では23歳の黒沢年男がクレージーに叫びまくり暴走するが、彼の演技は抑え気味の演出であった。
松山ケンイチがワンシーンだけ登場するが、そこだけだと何しに来たのか不明。
戸田恵梨香も登場するが、なんのために出てきたのかわからない。
予習して観覧されるよう勧めたい。
子供連れで行く(そういうひとはいるまいが)にはかなり無理がある。

△想定△
http://www.jcp.or.jp/web_download/data/20150810183700620.pdf
http://togetter.com/li/859635
参議院で提出されたが政府法案が成立することを前提に霞ヶ関は動くものだと思うのだが。
市ヶ谷がそうでも不思議ではない。
みじかな官公庁でも予算案成立するという見込みのもとにやってるはず。
往年の参謀本部・軍令部に対して人事権は官邸になかったが、現在は異なる。

△岩隈△
http://twitter.com/BBTN/status/631649237638385664
野茂英雄について日本野球出身2人目のメジャーでのノーヒットノーラン達成。

△旅情△
http://toyokeizai.net/articles/-/80000
都会人の鉄道旅行はおかしいという話。
「車窓がどこも同じでつまらないと嘆く人が安心できるチェーンホテル」に泊まるというのは矛盾」というのは同感。
20年ほど前にぶらりとまった京都のお宿(http://daiyainn.gooside.com/text/setsubi.html?)は4畳半ぐらいの大きさで風呂も共同だったが幕末の志士が潜伏しているようでなんだか良かったのを思い出す。

________________________

4.おわりに
読者の皆様、ありがとうございます。
コメントありがとうございます。
不安がよぎる。

-------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-04-22  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2015/08/14

    いつもたのしく拝観いたしております。