ビジネス一般

ケーススタディで学ぶ儲かる中小店舗の作り方

激動の時代でも売上を右肩上がりにする視点の持ち方をケーススタディを交えて分かりやすく
説明していくマーケティング講座です。
実際のコンサル例をお話しします。

全て表示する >

もう後がない・・・2014年最終準備の年

2014/03/20

こんにちは。梅津です。

毎日、毎日、読者様が増えていってます。
よくもまあ、こんな眠たい話を読んでくれているなぁ、と
感謝しております。


僕のメルマガは決して「アフィリエイトで稼ぐ方法とは」とか
「せどりで稼ぐ方法とは」とか、はたまた「即効性」や「即金」
挙句の果ては「不労所得」なんてものとは無関係な、むしろ
そーゆーものとは対極に位置しているものなんです。

ですが、これだけの読者様が自発的に登録してくれて、まだ1名
も解除されてない所をみると、よほど勉強に飢えているか、相当
に意識の高い方々だと考えています。

最近ではそれは確信になっているので、安心して眠たい話を続けていき
たいと思います。

今日のテーマですが
==================
・2014年「最後の準備年」
==================
ということでお付き合い下さい。

過去記事でも言及しました通り、2008年以降つまりリーマンショック
以降ですが様々な「起こるはずの無い事」が次々と起きています。

日本では3・11でしたがリーマンが破たんするなどとは誰も思って
いないし、いかに地震大国日本とは言え、あんな大津波が発生する
地震など想定してなかったはずです。

このようにわずか15年程度の短いスパンで「起こるはずの無い事」
がどんどん起きる。

このような現象は大体「過渡期」特有の現象です。

つまり時代と時代の間。

もっと簡単に言えば時代が変わりつつある。という事です。


で、それに気付いている人はもう準備を始めています。
みんなが「時代は変わってしまった」と気付いてから準備しても遅い
んです。

そういう企業や個人は、言葉はキツイですが淘汰されていきます。

【第1回】で言及した、お客のこない居酒屋のコペルニクス的変換
のように時代や自分の置かれた環境を呪っても何も得るものは当然
ありません。

そこでやって頂きたいのは、つぶさに新聞を読んだりニュースを
見たりする事なんですが、ただ「ぼーっ」と見ていたり「ふーん」
と感心しているだけでは何の意味もありません。

そこには「インテリジェンス」という名の情報分析力が必要になります。
この「インテリジェンス」を身につけると何を見聞きしても視点がガラリ
と変わるので是非実践していただきたいのですが、具体的方法は次号以降
に譲ります。

ここで書くと長くなりすぎるんで、ただでさえ眠たい話が尚更眠たくなる
という意味不明の相乗効果を生んでしまうので。

で、そーゆー「インテリジェンス」だとかの準備ができるのはここ1〜
2年が限界です。

もう後がない。

その根拠も次号以降でお伝えしていこうかと思います。

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-03-06  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。