演劇

TA-net通信 〜舞台からの香り〜

[TA-net通信 〜舞台からの香り〜]は、TA-netが発行するメールマガジンです。バリアフリー向けの面白い舞台情報など、皆様に月2回お送りいたします。

全て表示する >

メールマガジン『TA-net通信 〜舞台からの香り〜』第90号!

2017/11/03

いよいよ明日になりました!
劇団四季「ライオンキング」観劇会!
150名の方々が字幕機を一斉にもって観劇している様子を画像には撮れないのが残念ですが(上演中は撮影禁止)
ロビーでワイワイ手話で語り合っている様子を紹介できればと思います!


(1)第23回全国難聴者・中途失聴者福祉大会in東京が明日から!
11月4日は特別分科会として「観劇会」を行います。1時間足らずで定員に達したという人気企画。
遠くは北海道から、鹿児島からも観劇のために上京するお客様もいらっしゃるようです。
複数のメディア様の取材が入ります。掲載されましたら報告しますね!
ブログなどをご注目ください!

そして、2日目の11月5日(日)は国立青少年オリンピックセンター カルチャー棟大ホールのホワイエにて展示をします!
9時〜16時の間、入り口すぐの場所でパネルなどを展示、字幕付き公演のチラシ配布などをします。
福祉大会にご参加を予定されている方、ぜひお立ち寄りください!

(2)定例会においでください
11月10日(金)19:00-20:30 東京都障害者福祉会館
観劇会の報告、第4回シンポジウムについて、など盛りだくさんの情報交換をしましょう!
予約不要、当日おいでください。
TA-net会員は無料、非会員は参加費100円頂戴します。
*手話通訳、UDトークによる文字支援あり。


(3)TA-netは11月も各地で講演します!お問い合わせは主催者様へ。
*1月11日(土)10:00-12:30 あうるすぽっと主催「お出かけ支援講座」レクチャー
午後のワークショップは定員に達しました。ありがとうございました。
http://www.owlspot.jp/workshop/171111_detail.html

*11月23日(木・祝)13:30〜16:00 松戸市聴覚障害者教養教室
松戸市健康福祉会館内 障害者福祉センター
http://www.city.matsudo.chiba.jp/shisetsu-guide/hukushi-sisetsu/kenkoufukushikaikan/syougai-fukushi-c.html#cmstyoukaku

*11月25日(土)13:30-15:30 講演会「聞こえなくても一緒に舞台を楽しみたい」
神奈川県聴覚障害者福祉センター
http://www.kanagawa-wad.jp/


(4)とびらプロジェクト「建築ツアー@東京都美術館(11/18開催)」に手話通訳協力します!
11月18日(土)14:00-14:45頃(45分程度)
手話通訳を利用する方は事前に、下記URLからお申し込みを。
http://tobira-project.info/news/201711_architecture-tour.html


(5)第3回TURNミーティングに手話通訳・文字支援協力します!
11月19日(日)14:00-17:00 東京藝術大学
参加無料、事前予約不要
https://turn-project.com/timeline/event/1697


(6)「盲ろうのお客様への観劇サポートについて考える会」初の開催!
主催:アーツサポ東京(社会福祉法人トット基金が運営し、TA-netは観劇支援事業について受託しています)
12月17日(日)14:00〜15:00 トット文化館(JR大崎駅から徒歩7分)
参加無料 詳細・お申し込みは以下URLから
http://artssup-totto.org/#event/slide4
*手話で進行します。


(7)アクセス・コーディネーター養成講座(10月25日)盛況でした!
日本財団助成事業である「アクセス・コーディネーター養成講座」、当日参加を含めて29名の出席がありました。
多様なジャンルからお越しいただき、グループワークでは自己紹介で盛り上がりました。
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/423
また、日本財団ブログ「ソーシャルイノベーション探訪」でもご取材いただきました。
http://blog.canpan.info/nfkouhou/archive/1072


(8)ネットTAMに執筆しました!
ネットTAM(ネットタム)は、トヨタが企業メセナ協議会と連携して運営する、アートマネジメントに関する総合情報サイトです。
みんなで一緒に「文化プログラム」を楽しみたい!〜多様な人々が同じ作品を同じ時間、同じ空間で楽しむことの意義〜
というお題をいただき、思いを綴りました。ぜひご一読を。
https://www.nettam.jp/olympiad-culture/7/


(9)第15期文化政策部会舞台芸術ワーキンググループ議事録(第1回)が公開されました
TA-net理事長の廣川が専門委員として出席しました会議(9月25日)の議事録です。第2回(10月4日)はまだ公開されていませんが、ぜひご一読ください。
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/421


(10)第30回東京国際映画祭にて手話通訳協力しました!
今年は「スヴェタ」というカザフスタン映画が出品され、ろう者が主演しているということで日本手話通訳の協力をしました。
開場前の打ち合わせにはTA-netのろう者スタッフが同席し、当事者目線での意見を伝えることができました。
10月29日、11月2日の「Q&A」では、多くの聴覚障害者が来場し、監督と主演のろう俳優お二人と観客の間のやり取りをリアルタイムで楽しみました。ろう俳優のお二人への情報保障が不十分だった点については今後の課題となりました。
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/424


****
文化庁平成29年度「国内専門家フェローシップ制度」研修生として大阪研修中の石川絵理事務局長から一言レポが届きました。TA-net関西部会についても相談中です。関心のある方はTA-net事務局 info@ta-net.org へご連絡を!
ーーー
ビッグ・アイのみならず各地に出かけて見学、説明を受けています。やはり顔を見てお話することの大切さを改めて実感しております。(石川絵理)
ーーー


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-02-14  
最終発行日:  
発行周期:隔週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。