演劇

TA-net通信 〜舞台からの香り〜

[TA-net通信 〜舞台からの香り〜]は、TA-netが発行するメールマガジンです。バリアフリー向けの面白い舞台情報など、皆様に月2回お送りいたします。

全て表示する >

メールマガジン『TA-net通信 〜舞台からの香り〜』第81号!

2017/04/07

●TA-netよりお知らせ
・今後の理事会・定例会のお知らせ (4/14)

●協力!TA-net
・劇作家女子会。ミュージカル「人間の条件」(5/18〜21)

●活躍!TA-net
・演劇実験室◎万有引力「身毒丸」(3/16〜19)
・ランスタ・スプリングフェスティバル2017 ブース参加!(3/25〜26)
・港南区聴覚障害者協会 廣川理事長 登壇 (3/26)

●特集!TA-net
・国際セミナー 第3回シンポジウム 無事終了! (3/19〜20)

●メディア情報
・北海道新聞 (3/29)
・NHK Eテレ「ろうを生きる難聴を生きる」(4/8)


☆━━━━━━━━━
 TA-netよりお知らせ
 ━━━━━━━━━☆

【今後の理事会・定例会のお知らせ】

4月の定例会は、観劇サポート実践講座 字幕編です!
これから舞台に字幕をつけてみたい方、つけることを検討したい方、大募集です。

《字幕勉強会》
舞台に字幕を付けてみよう!実践講座その3
「音情報にこだわる」意見交換会あり
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/366

日時:4月14日(金) 18:30-20:30
会場:東京都障害者福祉会館 教室
対象者:舞台字幕制作に興味のある方 (※パソコンの基本的な操作ができることを条件とします。)
受講料:3,000円
講師:萩原副理事長
申込み:4月10日(月)までに下記メールアドレスへ。件名を[字幕講座]とし、ご連絡ください。

※人数多数の場合調整させていただきます。
※見学可。見学のみの場合、TA-netの会員は無料、非会員は500円いただきます。

お申込み&お問い合わせは、TA-net事業推進部まで。
biz@ta-net.org



☆━━━━━━━━━
 協力!TA-net
 ━━━━━━━━━☆

TA-netが字幕サポートの支援協力をいたします!

【劇作家女子会。ミュージカル「人間の条件」】
http://ta-net.org/event/580

〈日時〉
5月18日(木) 19:00
5月19日(金) 13:00/19:00◆
5月20日(土) 13:00◎◆/19:00◆
5月21日(日) 13:00◎◆
◆…全6公演中、4公演にて字幕サポートを実施します。
◎…ポストトークに手話通訳がつく予定です。

〈会場〉
座・高円寺1 (東京都杉並区高円寺北2-1-2)
JR高円寺駅 北口徒歩5分

〈チケット料金〉全席指定・税込
一般 4,200円
学生 2,500円

〈観劇サポート〉※聴覚障害のお客様向け
※再構成台本貸出 *1
※ポータブル字幕(クローズドキャプション方式) *2
※筆談による受付対応
※手話通訳(20日・21日 各13:00の回ポストトーク(予定))
・障害者手帳の提示でチケット代金が1割引 *3

*1:ご希望の方は、メールにその旨をお書きください。台本は5月初旬にお送り致します。
*2:メールにて、お席をご案内しております。
タイトルを「字幕サポート希望」とし、(1)お名前 (2)ご希望の日時 (3)枚数 (4)メールアドレス (5)FAX番号または電話番号、をご記入の上、下記のアドレスまでお送りください。
・端末使用:無料
・定員:各回5名 (申込み順)
*3:座・高円寺チケットボックスでチケットを購入された方、又はメールにて字幕サポート席を予約された方が対象となります。

観劇サポートへのお問合せ&お申込みは、こちらまで。
ticket@realheaven.jp (担当:RealHeaven 佐藤)

《劇作家女子会。さまより》
この度劇作家女子会。は、5月公演『人間の条件』にて、特定非営利活動法人シアター・アクセシビリティ・ネットワーク様のご協力を頂き、字幕による観劇サポートを実施いたします。
 宇宙人が現れた近未来の日本を舞台に、「人間の条件とは?」をテーマに掲げた本作。異なる背景を背負った様々な人々にご観劇頂き、「人間とは?」という問いかけにご参加頂きたい作品となっております。 
今回の試みが、舞台の間口を広げ、ミュージカル公演をより多くのお客様に楽しんで頂く機会になれば幸いです。

劇作家女子会。
http://gsjoshikai.tumblr.com/

* * *

前回のチャコールモンキーさんに次ぐ今年2回目の字幕サポート支援となります。
今回は、ポストトークに手話通訳が入る予定ですので、皆さまぜひ劇場でアクセシビリティを体感してみてください!



☆━━━━━━━━━
 活躍!TA-net
 ━━━━━━━━━☆

春本番!桜の開花宣言のように、あちこちでTA-netの花が咲いています!

【演劇実験室◎万有引力「身毒丸」】
3月16日(木)〜19日(日)  東京 三軒茶屋 @世田谷パブリックシアター 
http://ta-net.org/event/544

2015年1月の同公演にてご好評いただきました「手話による事前解説」を全公演で開催いたしました!
解説には、俳優や手話講師など多彩な活動をされている、ろうの河合祐三子さん(16日・17日)と數見陽子さん(18日・19日)が担当されました。
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/371

* * *

いつもTA-netの企画に参加してくださっている日本ろう者劇団の平塚さんが「手話による事前解説」のご感想をお寄せくださいました。

(日本ろう者劇団・平塚かず美さん)
手話解説は、キャラクターがよくわかり、どういう流れで展開するのか、と興味を持ちました。例えば、字面よりは音声の台詞が生き生きと伝わる感じです。
声優と同じく、手話のプロだからこその手話解説だと思います。


【ランスタ・スプリングフェスティバル2017 ブース参加!】
3月25日(土)〜26日(日) 11:00〜16:00 東京 江東区 @新豊洲Brilliaランニングスタジアム
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/367

障害のあるなしに関係なく、スポーツへの参加促進やパラアスリートの育成を目指し、スポーツとアートを融合させた施設「新豊洲Brilliaランニングスタジアム」。
50m測定会や、障害者スポーツ体験などが行われる中、無農薬野菜の販売やミニコンサートが開催された《豊洲FOOD-HUB MARKET》にて、
NPO法人essence(エッセンス)さま(*1)コーディネートのもと、TA-netは、"ミニ手話教室や活動をご紹介するブース"を出展し、
26日に開催された「親子かけっこ教室」と「シェフランチトーク」の手話通訳に協力いたしました。

*1 NPO法人essence…食を通じて障害の有無に関係なく、障害を感じるすべての人が心に潤いを感じられるよう、様々な活動を提案・実践していく非営利団体。
http://www.essence-since2011.com/index.html


【港南区聴覚障害者協会 廣川理事長 講演】
3月26日(日) 14:00〜16:00 神奈川 横浜市 @横浜市港南中央地域ケアプラザ
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/369

港南区聴覚障害者協会さまからお招きをいただきまして、TA-netの取り組みについて廣川理事長が講演をいたしました。
劇場に「ほとんど行かない」という方がまだまだ多く、今回の講演会に参加して、劇場に「行ってみたくなった」と観劇に対して前向きなご意見が寄せられ、大変嬉しく思いました。
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/370

* * *

TA-netでは、情報保障やバリアフリー対応のある公演を「アクセシビリティ公演情報サイト」にて随時ご紹介しています!
http://ta-net.org/event/

字幕・音声ガイド・手話通訳・文字支援などの《情報保障》がつく公演も少しずつ増えてきています。車椅子の方やお子さまのいらっしゃる方も、どうぞ観劇のご参考にされてくださいね!



☆━━━━━━━━━
 特集!TA-net
 ━━━━━━━━━☆

先月TA-netが開催した『国際セミナー 第3回シンポジウム』を特集いたします!

【国際セミナー 第3回シンポジウム 無事終了!】
3月19日(日)・20日(月祝) 13:00-16:30 東京 江東区 @森下スタジオ 
『英国の字幕による観劇サポートの事例から聴覚障害者の観劇・鑑賞活動におけるアクセシビリティの構築を考える』
http://blog.canpan.info/ta-net/daily/201702/17

〈TA-net理事長 廣川麻子より〉
3月19日、20日と2日間にわたって「第3回シンポジウム+国際セミナー」が大成功のうちに無事に終わりました。
スタッフ関係者含め、19日106名、20日66名、計172名が森下スタジオに集まりました。
これもひとえに、皆様のご支援・ご協力の賜物と感謝しております。本当にありがとうございました。
助成団体のセゾン文化財団様からも"本質をついた、とても重要な議論を生み出して素晴らしい"とお褒めの言葉を頂戴しました。今後とも、TA-netをどうぞよろしくお願いいたします。
なお、後日談ですが、メラニー・シャープ氏は3月23日に株式会社イヤホンガイドさん、NHKグローバルメディアさんを会社訪問し、字幕製作現場を視察するなど日英交流を深められました。詳細はこちらのブログをご覧ください!
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/374

〈TA-net副理事長 萩原昌子より〉
今回の企画総括を担当しました、副理事長の萩原です。振り返ると最初の企画会議からあっという間の4か月でした。
クリスマスのご挨拶とともにイギリスにメールを送ったときには賭けにも等しい思いでしたが、快諾をいただいてからはこの機を最大限に生かすべく、フル回転の日々でした。
 直前までいろいろなことがあり、当日も自分の至らなさがつくづく身に染みましたが、さすがは人材の宝庫TA-net。
多くの会員の方、助っ人の若者たちに支えられ、2日間にわたるTA-netにとって初めての大型イベントを乗り越えることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。
これはゴールではありません。新たなスタートです。ここで掲げた"10の提言"の実現を目指し、皆様の力を合わせて、また次のステージへ一歩一歩進んでまいりましょう。
今後ともよろしくお願いいたします。

* * *

今回は初めて海外からのパネリストとして"ステージテキスト(*1)"代表のメラニー・シャープ氏をお招きしたこともあり、
TA-netでは、日英通訳をはじめ、日本手話通訳、UDトーク(文字情報)、要約筆記、磁気ループの情報保障をご用意いたしました。
多様な言葉での発信となりましたので《情報保障》に焦点をあてたレポートをお届けいたします!

*1 ステージテキスト…イギリス全土の劇場や文化施設においてろう者、難聴者などの聴覚障害者に字幕や実況字幕を提供し、聴者と同様の芸術鑑賞の機会を得る手助けしているイギリスの慈善団体。

〈日英通訳総括・三澤かがりさん〉
国際チームの一員として日英通訳のコーディネートを担当しました。
昨年の12月から始まった"ステージテキスト"へのプレゼン依頼でしたが、当初は果たして受けてもらえるかドキドキでした。もし断られたらこの『芝居に字幕は邪魔なのか?』の国際イベントが成り立ちません。
依頼文の書き方にも気を使いました。ところが代表のメラニー・シャープさんからイギリス人らしからぬ(?)「引き受ける!」の直球回答で、話はトントン拍子に進んでいきました。

通訳体制ですが、イギリス視察の時に"ステージテキスト"の方たちとお会いした経験から字幕関係者は聴者のはず、という先入観念がありました。
英語によるプレゼンですから、英語⇔日本語⇔手話の双方向の体制を整えるべく、知人の日/英通訳者に3月19日と20日を空けておいてほしいと連絡しました。
ところが、本番数日前に、メラニーさんは難聴者だということがわかり、大慌てです。
発話の状態、英語を聞き取るレベルなどを単刀直入に伺うとともに、日/英通訳者にはYouTubeにあったメラニーさんが話をしている映像を見てもらい、英語の聞きとりに問題がないかを確認してもらいました。
ご本人からも通訳者から「心配なし」の返事があり、胸をなでおろしました。

当日の様子ですが、メラニーさんのプレゼンは、舞台隣に座った日/英通訳者が逐次通訳方法で行い、指定発表者の発言や質問はウィスパリング(*2)の同時通訳で対処しました。
プレゼンは56ページにわたるPowerpointスライドで構成され、逐次通訳では難しいだろうと思われましたが、初めて会ったとは思えぬ見事な連携で、ほとんどすべてを終えることができました。
イベント終了後に手話通訳者から、日/英通訳者の日本語が大変聞き取りやすく、言葉の選び方や話のスピードが大いに勉強になったという意見を聞き、
今回のような国際的なイベントでは音声言語通訳者と手話通訳者の良好な関係がよりよい通訳、ひいてはイベントの成功につながるのだと痛感しました。

*2 ウィスパリング…通訳者が聞き手の耳元でささやくように通訳を行なうこと

〈文字支援総括・本庄谷拓さん〉
TA-netでは従来からUDトークによる文字情報保障を取り入れている由か、
3回目のシンポジウムともなると利用される方々も慣れたもので、ごく自然に会場に置かれたQRコードを読み取ってご自身の持つ端末で利用されていた。
UDトークにはイギリスからのゲスト、メラニー・シャープ氏も興味津々で、社会制度的には劣る日本も、技術を含めたこれからの可能性は示せたのではないだろうか。
会場スクリーンはUDトークとPC要約筆記という文字情報2画面体制であったが、利用される方はそれぞれの特性を理解した上で良いとこ取りをして見ていたように思えた。
字幕は邪魔ではなく"情報は必須"なのであり、こうして選べるサービスをも提供される様が当たり前の社会になって欲しいと思う。

〈手話支援総括・小川加代子さん〉
19日は3人体制でフル回転。二人が表現、一人が読み取り担当、交流会は理事付き通訳で負担が大きかったと思います。
20日はシンポジウム4人と役員付き通訳2人の6人体制だったのでゆとりをもって通訳できました。聞き取り通訳はできるだけ日本手話で表現するよう努めました。
日/英通訳者の日本語がとてもきれいでスムーズに通訳できました。(同じ通訳者としてとても勉強になりました)
読み取り通訳者席が客席から邪魔にならないよう低くするために座椅子使用しましたが、体勢に無理がありましたので、2日目は椅子に戻し、後ろの客席1列を外すことで対応しました。
表現通訳者の立ち位置を、スクリーンの位置、パネラーの位置、パネラーの発言方法等々によって変更する場面が多かったので、
今後より見やすい位置で通訳することを皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。


◆関連ブログ◆
第3回シンポジウム スタッフ説明会!
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/361
第3回シンポジウムが始まりました
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/362
第3回シンポジウム1日目無事終了!
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/363
第3回シンポジウム 2日目です!
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/364

* * *

TA-netはシンポジウムにて『多様な人々に開かれた、観劇サポートシステムの構築に向けた10の提言〜聴覚障害者編〜』を発表しました。
http://ta-net.org/wp-content/uploads/2017/03/proposal_2017_fix.pdf

『今後、聴覚障害者が観劇する環境が充実していくには、どのような支援や取り組みが必要か?』

TA-netの意見や考えを多くの方々に共有していただくとともに、今後各方面にアプローチしていきます。
障害のあるなしに関係なく、観劇を自由に楽しめる環境が1日も早く実現しますように。
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/368



☆━━━━━━━━━
 メディア情報
 ━━━━━━━━━☆

【北海道新聞】

北海道新聞の3月29日朝刊 文化面にて、TA-netが紹介されました。
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/373

大きな紙面でTA-netをご紹介していただきました!
今回の掲載にあたり、取材を担当された記者の中出さんよりコメントをいただきました。

(北海道新聞記者・中出幸恵さん)
今回の記事掲載で、劇場関係者や聴覚障害者の方はもちろん、「そういうサポートがあること、障害者の方でも楽しめる方法があることを知らなかった」という反響がありました。
解消しなければならない壁はいくつもあるかと思いますが、その中の一つとして観劇サポートを取材し、紹介できて自分のためにもなった気がしています。
今後もぜひ、情報交換ができればと考えています。

* * *

北海道内の現状も交え、劇場の取り組みやTA-netの活動を丁寧に記事に起こしてくださいまして誠にありがとうございます。
こちらこそ、北海道新聞さまと繋がることができてとても光栄です。
有意義な情報交換ができますよう、これからもどうぞよろしくお願いいたします!


【NHK Eテレ「ろうを生きる難聴を生きる」】
http://blog.canpan.info/ta-net/archive/372

 NHK Eテレ「ろうを生きる難聴を生きる」にて、TA-netが特集されます!
4月  8日(土) 20:45-21:00
4月14日(金) 12:45-13:00 (再放送)
http://www.nhk.or.jp/heart-net/rounan/

〜放送内容〜

『みんなで一緒に舞台を楽しみたい』

「本当は舞台を楽しみたい」聴覚障害者の思いを代弁し、舞台関係者に観劇支援の方法を提案するNPO法人TA-netに密着します。立ち上げたのは、代表の廣川麻子さん。
イギリスで手話通訳つきの舞台を観劇し、日本の環境も整えたいと活動を始めました。3月、ある団体から“字幕つき公演”を開きたいと依頼が入ります。
誰もが楽しめるよう、主催者とTA-netで字幕製作に取り組む、本番までの日々を追いました。

* * *

TA-netの活躍をどうぞご覧ください!
お知り合いの方にもぜひぜひお声掛けください!



☆━━━━━━━━━
 編集後記
 ━━━━━━━━━☆

全国各地から桜の便りが届き、ふくよかな春の到来の中、皆さまにご報告がございます。

今までたくさんの情報をお届けしてまいりました[TA-net通信 〜舞台からの香り〜]ですが、2017年度のリニューアルに向け、今回の第81号をもちまして当面休止することといたしました。

今までご愛読いただきました皆さまへは、突然のご報告となり誠に申し訳ありません。

今回で[〜舞台からの香り〜]は一旦休刊となりますが、毎週木曜日に配信しております[TA-netアクセシビリティ公演情報〜観ゲキ!感ゲキ!〜]はこれからも通常通り配信してまいります。

変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願いいたします。

* * *

今回の休刊に伴いまして、木曜メールマガジンの編集長を福村から望月聡子さんへバトンタッチいたします。
何とぞよろしくお願いいたします。

昨年の2月からメルマガの編集を担当するようになって、1年と少々。
短い間ではありましたが、TA-netの最前線を皆さまにお届けすることができて嬉しかったです。

これからもTA-netはますます活動の幅を広げていくことでしょう。

公式ブログ・Facebookでは随時TA-netの活動を発信してまいりますので、リニューアルまで暫くお待ちください。

今まで[〜観ゲキ!感ゲキ!〜][〜舞台からの香り〜]を読んでくださった皆さま、本当にありがとうございました。

編集長・福村亜貴子


***


現在TA-netは、
2016年度(2017年4月7日時点)
正会員…28名
賛助会員(個人)…45名
賛助会員(団体)…5団体
サポーター…33名
−−−
合計:106名・5団体

TA-netの年度替わりは6月です。
ですので、2017年度会員は2017年6月〜2018年5月ということになりますが
ただいま新規入会の方は2017年度会員として扱います。
この機会にぜひご入会ください。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2014-02-14  
最終発行日:  
発行周期:隔週刊  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。