その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】スペイン代表初優勝時の監督に学ぶスカウティングが敗因になる時

2019/11/09

めっちゃ良い話なのに、いいね!が2しかない動画です(笑)
https://youtu.be/KpPEQhbZ0xM

元スペイン代表監督のペップ・エルナンデス氏の言葉を紹介します。
エルトラックさんのブログから、丸々コピーさせていただきます。
https://www.basketballtutor.com/news/6403
↑元ネタはこちらです。全文読みたい方はどうぞ。

今回の動画に当てはまる部分はこちらです。

ーーー以下、引用ーーー
対戦チームの分析などについてはアシスタントコーチたちには全てを把握しておくよう伝えていました。対戦相手になりそうチームやその選手たち全てです。ヘッドコーチである私は次に対戦する相手のことだけに集中していました。なので正直、対戦相手以外のことは詳しくは分かりません。それは実際に対戦する相手のスカウティングに集中しているためです。選手たちにも次の対戦相手のことしか伝えません。アシスタントコーチ陣に関しては全てのことを把握させます。細かいことまで研究し、対戦相手のチームとしての特徴や選手個人の癖を知っておくことも大切です。
そして対戦相手を分析することより大事なことは自分のチームをもっとスカウティングすることです。つまり我々のチームが今どんな状況なのかをスカウティングすることです。
分かりやすい例としては世界選手権の決勝はスペインのパウ・ガソルがいなかった試合です。それに対してスペインチームが取るべき解決策はなんなのか、自分たち自身でスカウティングしなければならない。スカウティングというのは戦術的なことや技術的なことのみならず、メンタル的な部分まで分析することであり、自チームの分析は対戦相手のことをスカウティングする以上に大事なことなのです。
ーーー以上、引用ーーー


スカウティングはもちろん、試合に臨む前に必要であり、重要なことです。しかしそれに囚われてしまいすぎると、自分達の型を崩してしまいすぎることがあります。

大切なのは自分たちがどんな実力やスキルやチームプレイを持っていてどんなプレイをするか、それに集中することであり、相手のプレイに集中しすぎると、策士策に溺れる結果になりかねません。

スカウティングをすると、色々と対応策が思い浮かんでしまったり、戦う前から心配しすぎてしまうことがありますが、それはある程度にしておいて、自分たちの良い所、実力を発揮できる方向に力を注ぐことの方が大切です。

私も2019年3月に訪れたスペインのバスケコーチツアー(エルトラックさん主催)で、この話を違うコーチから聞く事が出来て、思い出す事ができました。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。