その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】短時間で大人数でも実戦的な速攻練習ができる方法

2019/11/03

大人数でも効率的にボックスアウトから速攻の練習をする方法とは?
https://youtu.be/oArCCIlQBw4

体育館を使える回数が少なく、部員が多い中で、全プレイヤーが多く練習できるようにするには、練習方法の工夫が必要です。(レギュラーメンバーばかりが練習する、というのは公立高校の部活としては…ですよね)

ディフェンスを固定して、速攻練習をやる5人が変わっていく形です。こうすればどんどん練習することが出来ます。

速攻を出す5人がぐるぐる回るのは、誰がリバウンドを取るかわからない、という実戦を想定してのものです。少し応用力が必要になってくるので、初期の段階では固定した状況から速攻の流れをくむことができるようにした方が良いでしょう。応用が効くようになってきたら、こういう練習で、誰がリバウンドをとってもスムーズに速攻を出せるようになる形を練習していくと実戦でも速攻が出やすくなります。

ラリーで行う速攻練習も効率は良いのですが、ディフェンスリバウンドを取ったところから、5人が状況判断して短い時間で連携して速攻に繋げる、という意図を含ませることが難しいです。

これに少し負荷を増やすなら、次にやる5人がオフェンスに入って、速攻をする5人がディフェンスから始め、オフェンスリバウンドにもボックスアウトで対応して速攻を出す、というメニューにすると良いですね。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。