その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】ディフェンスリバウンドから速攻につなげる3ポイント

2019/10/24

ディフェンスリバウンドから速攻につなげる3ポイントとは?
https://youtu.be/inmPpD1n9qk

速攻は一番簡単に得点が取れる方法の一つです。(他はオフェンスリバウンドからのシュートと、フリースローです)

簡単に得点できるのですから、しっかり出せるようになっておきたいですね。そこで大切なポイント3つについて北口コーチがこの動画で解説しています。

チームや考え方によって速攻の出し方には小さな違いはあると思いますが、ディフェンスリバウンドを取った選手が、速攻を出すために大切なことはこの3つです。

他にあるとすれば、空中で誰かにパスできないか、というぐらいでしょうか。これはタップパスや、チップアウトパス、又は空中でキャッチしたまま体をひねってパス、という体の強さも必要になってきます。

それは発展として、、、大切な3つのポイントは、
1.前の選手に投げる
2.すぐにガード(または中継)につなぐ
3.自分でプッシュ(ドリブルで進める)
この3つです。

速攻(の最短のシュート)を成功させるには取ってから6秒ぐらいしかありませんので、取ってから1秒も2秒もモタモタしていては速攻は決まりません。ゴールからゴールまでの距離は約25メートルしかありませんので、足の速さもあまり関係ありません。

取ってから次の動作を素早くすること、タイムラグを生まないことが速攻を成功させるカギです。相手選手たちよりも0.何秒でも良いので判断を早くして、速攻を成功させる可能性を高めましょう。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。