その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】ゾーンがやられる時(マンツーも同じ)

2019/08/12

ゾーンがやられるとき、マンツーがやられるとき、に共通していることは?
https://youtu.be/s-RMQ-4yqqU

色んなお話をしていますが、この時に一番ポイントとして伝えていることは、
ディフェンスでは…
「ボールが空中にある間に、次のポジションに素早く動く」ということです。
これはマンツーマンディフェンスでも全く同じことが言えます。

これが遅いとオフェンスには余裕が生まれて、ギャップをつかれたり、攻めやすくさせてしまいます。これが早いと毎回ボールにプレッシャーとかけられたり、パスの出しどころをつぶせたり、オフェンスを遅らせ、後手に回らせることが可能になります。


我々が一番最近生で見たものでいうと、
2019年8月に鹿児島で行われたインターハイの福岡第一高校のディフェンスが強烈でした。


映像で見るのと生で見るのは全然違いますが、YouTubeにも沢山動画があがっているようなので、是非御覧になっては、と思います。マンツーマンでも、オールコートのゾーンでも、強烈です。ボールの移動に対するリアクションの速さにご注目頂きたいです。


自分が相手チームの選手だったら、と思ったら寒気がしました。


そして、皆さんお忙しいとは思いますが、生をご自身の目で見られるのが一番です。映像と生は全然違います。やはり、生を現場で体験するのが一番です。機会があれば、プロの試合や、全国大会など、良いチームの試合している現場、練習をしている現場に足を運ばれることをおススメしますし、北口コーチも現場に足を運ばれることをとても大切にしておられます。時には海を越えて視察に出られます。


選手達も、コートでコーチが「素早く動け!」と100ぺん言うよりも、そんなチームの姿を1ぺん生で見る方が、断然効果があると思います。

全国大会でなくても、都道府県の上位リーグなどの試合でも、もちろん、女子の試合でも勉強になるチームは沢山あります。

今日は大きく脱線しました。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。