その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】ディフェンスのポジショニングと大きな声で連携する練習

2019/07/31

ディフェンスの素早いポジショニングと声出しをセットに
https://youtu.be/_5oxEgyEFs4

この動画の選手たちはあまり出来ていませんが…大切なのは移動の速さ、
目安としては、ボールを次の人がキャッチした瞬間に、ポジションに入れている状況を作っていることです。なおかつ、両足がいつでも動かせて、視野も確保して何が起きても対応できる状況を作れていることです。

これが出来ていないと、ディフェンスは後手後手になってしまって、オフェンスに好きに攻められてしまいます。

例えばボールマンのディフェンスが遅れればシュートを打たれますし、2番のディナイが遅れれば、遅れて出てきたところ、スムーズにパスを出されたり、バックカットされたりしますし、3番のディフェンスがヘルプポジションに入るのが遅れたら、ドライブのカバーが出来なかったり、ヘルプに出てくるところをスキップパスを通されて3ポイントを打たれたり、と挙げればキリがないぐらい、オフェンスが有利になります。

そして、ついでに声を出すことで声出し練習にもなります。声を出すことで、自分のやることの意識確認にもなりますし、単純に声を出す筋肉を鍛えることができます。

人の迷惑になるから・・・と、今の子は大声を出して泣いたり、叫んだり、遊んだりした経験が少ない傾向にあり、声が出せない子が多いのですが、声も鍛えることで大きくなります。肺も声帯も筋肉で動いています。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。