その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】高校で初心者で始めてもレギュラーになる選手の共通点

2019/07/19

高校で初心者で始めてもレギュラーになったのはどんな人?
https://youtu.be/8zOe_zL2w-k

「高校生でバスケを始めるのは遅いですか?」
フードリにもよくコメントやメッセージで頂く質問です。

この動画では、初心者でバスケを初めて高校生の間にレギュラーになった選手の共通点を北口コーチが語っています。レギュラーになれるかどうかは別として、こういう気持ちでプレイに取り組むことは人として大切なことだと言えます。脳外科医でありながら、スポーツのメンタルトレーニングでとんでもない成果を出されている林成之先生も、「いつでも損得抜きに全力投球できること」がパフォーマンスを上げる事だとおっしゃっています。

高校で始めて上手くなる人もいるし、そうでない人もいます。それは、中学校で始めても、小学校で始めてもそれは同じです。本人がうまくなるために、練習を続けていけるかどうか、ではないでしょうか。ただ、高校生で始めて、高校生の間にレギュラー選手になったりするためには、他の選手よりも多くの努力が必要となることが多いでしょう。

勿論努力だけでなく、それまでやってきた運動の量や種類、外遊びの量、どれだけ体を動かしてきたか、ボールを扱ってきたか、体の大きさ、速さ、身のこなしなどが、短期間で上手くなれるかどうかを左右します。いわゆる、色んな「センス」がすでに備わっているかどうか、ですね。

ただ、レギュラーをとったりすることだけがバスケットボールの魅力ではありませんし、何かを始めるのに、早すぎる、遅すぎる、ということはないでしょう。自分がやりたい!と思った時が最高の始めるタイミングではないでしょうか。早すぎる、遅すぎる、というのは他人と比べているだけのことが多いように感じます。

「人と比べてではなく、自分なりに頑張ればいい」
これは、イチロー選手の言葉です。比べるのは過去の自分であって、他人と比べても仕方がないでしょう。



※明日は、北口コーチが講師の「選手をぐんぐん伸ばすバスケットボールコーチになるための2日間集中講習」の詳細をこのメルマガでお知らせします。お見逃しなく。

それでは皆様良い週末を!

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。