その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】速攻でリバウンダーがプッシュした方が良い場合

2019/07/17

速攻でガードにつなぐか、そのままドリブルプッシュするか、どう判断しますか?
https://youtu.be/Bxykc9o0XJs

速攻はガードに繋いで3線を作って…というものがオーソドックスで、役割分担がはっきりする分皆が合わせやすいですが、リバウンドを取った人がそのままドリブルで進めたり、その時の状況で臨機応変に変化した方が本当は早くボールを進めることが出来ます。

特にリバウンダーがプッシュした方が良いのは、
1.外回りの3人の真ん中の選手が取った場合、
または、
2.センターであっても高い位置でミドルレーンあたりで取った場合
この2つの状況です。

この2つの状況の場合は、わざわざガードにつなぐよりも、そのままドリブルで進める方が多くの場合速くボールを進めることができるでしょう。

ただ、そうなってくると「ガードはどう動いたら良いか」など、普段と違う役割をする選手が発生します。そういうケースも何か約束事や共通認識を作っておくと、試合の場面でもスムーズにオフェンスをしやすくなります。



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。