その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】止められても、まだ攻められる!

2019/05/08

止められても攻める方法とは?
https://youtu.be/dB5SC89fIc4

ここではステップインを教えていますが、止められてから攻める方法や、ゴール付近でシュートに持ち込むには色んなステップがあります。ジノビリ、スピンムーヴ等です。

それはさておき、ピボットを使えるようになることが大切なので、そういう意味でも最初はステップインから教えるのが良いと思います。コーチツアーに行ったスペインでも10歳ぐらいのミニバスの子がステップインの練習をしていて、実戦でもうまく使えていたのが印象的でした。

かといって、上のレベルで通用しないかと言ったらそうでもなく、NBAでもステップインを軸としたプレイは沢山出現します。ミニバスの子にもやりやすく、NBA選手も使っているのがステップインです。

北口コーチはステップインのポイントをわかりやすく伝える為に、「パーからチョキ」という表現をします。これは止まった時のスタンスを大きくとる事と、その後、右にも左にもいける、というニュアンスを含めているからです。

「止まった時はスタンスを大きく、そして片足を大きく踏み出して」

と言うよりも…

「パーからチョキ」

と言った方が短い言葉でイメージもしやすいですよね。


正しい言葉やスキル名を伝えることも大切ですが(共通認識のために)、直感的にわかりやすく伝えることの方が、特に子ども相手では大切です。できそう、面白そう、やってみたい、と思わせる方が大事だと考えています。



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。