その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】日本人が苦手なワンハンドパスを使えるようになろう

2019/01/26

ワンハンドパスのメリットとは?
30秒あたりからそのお話です。↓
https://youtu.be/GBdJ2cLzeDU

もう一つ良いところがあって、
ドリブルからそのまま出せる、ということです。

チェストパスを出そうとすると、
ドリブル状態から一度両手でボールを保持して、
パスを出すことになります。

それでもし、出せなかった場合、
ドリブルを止めてしまっているので、
ピボットなどでボールを守りながら、
次のレシーバーを探す必要が出てきます。

この時に、ディフェンスにプレッシャーをかけられやすく
なってしまいます。
しかし、ワンハンドパスが使えたら、
カットされそうで、パスをやめても、
パスフェイクからドリブルを続けることも可能です。
単純に出すタイミングもワンテンポ早くなるので、
カットしにくくなりますね。

特にピック&ロールのパスでは
ドリブルからのワンハンドパスが活きてきます。

パスするか、パスフェイクから自分で仕掛けるか、
自由に選択することが出来るからです。
ハードショウや、ダブルチームに対しては、
ドリブルからワンハンドフックパスが有効です。

ワンハンドパスは色んなところで活きてくるので、
右も左も練習して使えるようになっておきたいものですね。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。