その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】ゴール付近でゴールまで行ける、行けないピボット

2018/12/12

↓シュートまでいけるピボットの動画です↓
https://youtu.be/2f_jlawJUlc

ピボット一つで攻撃が有利になって点が取れたり、
有利にならないで、点につながらなかったりします。

最近の子は、ドリブルは上手だけれど、
ピボットが下手な選手が多いようです。

これが出来るようになるには、
しっかりとした股関節の柔らかさと力強さが
必要ですし、最初の段階で習慣にしておかないと、
なかなか頭でわかっても実際には出来ないことが多いです。

バスケットボールを始めた初期の頃に、
正しいピボットの使い方、
小中大で使い分けられるように、
体になじませておくことが大事です。

小さいピボット、
外回りピボット(遠回りピボット)、
これらばかりが習慣になってしまって、
その後の伸びに響いている選手が沢山います。

1人で出来る練習としては、
90度、180度、270度とピボットする練習があります。
また、
2人組では大きなピボットで相手の懐をエグルように
抜いていく練習があります。

これはセンターの選手に限らず、
外からのドライブにも関係のあることなので、
どの選手も、この「抜く姿勢」、ピボットを
習得しておきたいものですね。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。