その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】ドリブル中の視野や1対2の駆け引きを鍛える練習

2018/11/25

↓それでは動画をどうぞ↓
https://youtu.be/pv15Ocbm9tI

1対1のドリブルの次の段階の練習
としていかがでしょうか。

ドリブルで1対1をしているときは、
どうしても視野が下にいきがちです。

自分のディフェンスばかり見て、
周りが見えていない事が多いですね。

実際の試合ではあと4人いるわけですから、
ドリブルの1対1をしながらでも、
ノーマークの選手が生まれた瞬間に
パスができる、視野を確保しておくことも
大切です。

この練習でそれが完璧に解決するわけではない
ですが、段階として、1人やっつけた次の
ディフェンスは視野にいれておかないと
いけないので、
自分の相手のディフェンスだけではなくて、
その先のディフェンス、つまり2人を
視野にいれた状態でやることになります。

一度に全員を見ろ、というのは難しいので、
まずは自分の相手プラス1にすることで
負荷を丁度よくしています。

視野を確保しながらドリブルすることを練習
できるし、ついでに
1対2の駆け引き、センターライン際の攻防
を練習できるので良い練習ですね。

センターライン際は、バックコートバイオレーション
(通称バックパス)のルールが変わったので、
非常に面白くなりました。そこはぜひ遊んでください。

わざと片足だけフロントコートに入れてから、
戻ったり、コフィンコーナーに挟まれるフリをして、
逆をついたり、楽しいですね。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。