その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】フリースローからの速攻 フリースローは短いタイムアウト

2018/11/08

※8ヶ月ぶりに北口コーチの「成功イメージ」講習開催!※
http://ur2.link/N8cL

今日はフリースローからの速攻です。
↓それでは動画をどうぞ↓
https://youtu.be/jxN32F94hLw

バスケットボールのプレイ中においては、
次の展開を常に意識することが大切です。

例えば味方のシュートが起こったら、
オフェンスリバウンドと、セーフティのことを考えますね。
例えばスクリーンをかけたら、
ポップアウトしてキャッチシュートを狙ったり、
ゴール方向にダイブしてパスを呼んだり、しますね。

と、同様に相手のフリースローの時は
次の速攻と、取られた時のディフェンスを考えることが大切です。

なのでこのように、役割と形を決めておくと、
次の速攻がスムーズに起こせますね。

また、ついでに言うと、
フリースローというのはとても大切な時間です。
息を整えるだけでなく、みんなの意思を整えることもできる時間です。

特に、
「ファールが鳴ってから1本目のシュートが放たれるまで」
この間にだいたい15秒から20秒あります。

ここで選手が集まって話をする習慣をつけておくと非常に良いです。

こなれてきたら、ここで攻撃のパターンを変えたり、
ディフェンスのパターンを変えたり、
選手が決めて行うことができるチームはすごく強いチーム力です。

フリースローをきっかけに、
オールコートプレスを仕掛けたり、
ゾーンに変えたり、
オフェンスのパターンをがらりと変えたり、
と、変幻自在に相手を翻弄することができますね。

こんなチーム力を目指したいものです。


フリースローは選手主体の短いタイムアウト
にするのが良いとフードリではオススメしています。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。