その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】オフェンスが止まる原因のシーン

2018/09/11

こんにちは。フードリのたかじさんです。
今日はオフェンスが止まるシーンを取り上げて指導しているところです。
40秒のところがそのシーンです。

↓それでは動画をどうぞ↓
https://youtu.be/COGnQzG7z2Q

これは3対3の形で動きを作りながら
攻める練習をしています。
パスしたら
1.ゴール方向にカッティング
2.アウェイ方向に動く(スクリーン)
3.リスペースして中継役になる
の動きが主な動きです。
(ボール方向への動きは今は制限しています)

で、止まる原因になる一番多いのは、
パスがもらえない(ディナイされている)のに、
じっとしている時です。

左のウイングにボールがある状況で、
この場合はトップからパスをしたわけではなく、
逆サイドのウイングからトップに上がってきた選手なのですが、
この時ディフェンスがディナイ気味に守っているのに、
トップで止まってしまいました。
結果オフェンスが止まってしまったわけですね。

この場合は、
大きく下がってリスペースする(少しボール側に)
ゴール方向にカッティングする、
という判断をすぐに行って動きを作る事で
次の展開を作る事ができたわけです。


2者択一で考えるなら、
新しいスペースに入ってきたら、
1.レシーブする
(いつでも貰ってキャッチシュートができる状態なら待つもOK)
2.どこかに動く
(誰かとスクリーンプレイを起こす)

この2択の判断をオフボールの時に常に行っていることが
大切です。


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。