その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】ディレイドオフェンスのデメリット

2018/09/10

こんにちは。フードリのたかじさんです。
今日はディレイドオフェンスのデメリットです。
1分ぐらいの動画です。

↓それでは動画をどうぞ↓
https://youtu.be/lZks6N79Xak

ディレイドオフェンスとは、時間24秒をじっくり使って攻める方法です。
相手のディフェンスの時間を長くしたり、
攻守の回数を少なくすることで、
ロースコアに持ち込むことができたり、
速攻の回数を減らしたりすることで、
格上や身体能力に勝るチームに対抗する作戦とされています。

相手のリズムを狂わせるわけです。

時間をたっぷり使えるので、
より良い状況でゴールアタックする選択肢が増えるのですが、
逆に気持ちに前向きさがなくなるので、
受け身になりがちです。

パスを回せばよい、と思っていると、
動きが減ったり、
ミートが弱くなったり、
ゴールアタックする気持ちが見えなくなるので、
ディフェンス側からすれば、
強いプレッシャーをかけることができます。

なのでそういうデメリットがあることを知って、
常にゴールに向かう気持ちや、
オフボールで動いてスキを作る気持ちを持って、
使う事が大切になってきます。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。