その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.1217 バスケ上手になる、オフボールでの動き方

2018/08/09

こんにちは。フードリのたかじさんです。
今日はディフェンスを困らせるオフボールでの動き方です。

↓それでは動画をどうぞ↓
https://youtu.be/Lw4jspQHyEw

オフボールでの動き方
特に、ウイークサイドでの動き方は、
ボールサイドのプレイを助けることが出来たり、
自分たちの簡単なシュートにつなげることができます。

これをやっているか、やっていないかで、
ディフェンスの楽さが大きく変わります。

やっていない相手のディフェンスはとても楽です。
ボールだけ警戒していれば良いわけです。
ヘルプとポジショニングとクローズアウトぐらいなので、
集中して、状況にたいして良い判断を俊敏に行なえます。

しかし、この動きをやってくる相手のディフェンスはとても大変です。
スクリーンの対応をしたり、ボディチェックをしたり、
ということに気を使うあまり、
上記のヘルプやポジショニングの意識が薄れていきます。
パソコンで色んなアプリを併用して、
メモリーオーバーでカクカクしてしまっているような
状況になるわけです。

で、判断についてですが・・・
飛び込むのか、アウェイするのか、中継か、ステイか、
(ボール方向にもらいにいく等など)
自分の特徴や、マークマンとの関係性、
もうひとりの選手の特徴などが絡んでくるので、
「一概にこういうときはこうする」とは言いにくいです。


毎度考えてやるのも難しいところがあるので、
「オフボールでの2メンゲーム」をドリル化して、
自動的に行えるように習慣づけしておくのが良いでしょう。

そのドリルについては、
もうすぐ動画で公開しますので、
お楽しみに。



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。