その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.1211 小さいチームがオフェンスリバウンドを取る裏ワザ

2018/08/02

こんにちは。フードリのたかじさんです。
今日はオフェンスリバウンドを取る為の裏技です。

↓それでは動画をどうぞ↓
https://youtu.be/vBXcx6L_WJ0

普通オフェンスリバウンドを取りに行くときは、
まっすぐリングの方向に向かっていく、
または、自分が落ちると予測したところに向かっていきます。

その方法で取る事が出来ることもありますが、
通常のチームはボックスアウトが徹底されていれば、
多くのリバウンドをディフェンスが取るのが普通です。

そこで、取る場所を、
一番近い場所じゃないところにするわけです。

方法はこの方法だけではありませんが、
ここでは、この方法を提案しています。

コーナーからシュートが起こった時、
一番リバウンドが落ちる可能性が高いのは
反対側です。

通常であれば、その近くにいる選手が
オフェンスリバウンドを取りにいくのですが、
あえてその選手は違う場所に行き、
そこにトップの選手が飛び込みます。

これでディフェンスが対応しにくくなって、
取れる確率が上がります。

方法は色々あって、
例えばチームメイトでどこに飛び込むかを決めておいて、
どの場所にいようがその場所に飛び込む、
というような約束事を決める方法や、
自分が一番近いリバウンドポイントから、
一つ右にずれる、というような約束事にする方法もあります。

チームのメンバーが出来るレベルで決めるのが良いでしょう。
あまり難しすぎる約束事だと、試合になると実践できなくなります。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。