その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.1143 ゴール下でバスカンをもらえ!ポンプフェイク

2018/05/19

こんにちは。フードリのたかじさんです。
今日はゴール下でバスカンをもらう(ファールをもらう)
ファールじゃなくても決めきる方法のポンプフェイクです。

↓それでは動画をどうぞ↓
https://youtu.be/Or3QUZ5xS44

オフェンスリバウンドを取った時にまず大事なのは、
(よっぽど自分の方が大きい場合を除いて)
ゴールにまっすぐ向かないで、横を向くことです。

まっすぐ向いてしまうと、ボールがディフェンスから
触りやすいので、ブロックやチェックしやすくなります。

なので、横を向いて自分の幅を使って、
ボールを守ることです。

まっすぐ向かなくても、ボードを使ったり、
ベビーフックを使ったりすることでシュートを打つことは
出来るからです。

ポンプフェイクも練習が十分でないと、
嘘くさかったり、1回しかしないで
ディフェンスが引っかからなかったり、
ポンプフェイクと見せかけて打つことでタイミングをずらせたりと、
ポンプフェイクも一つの差が出る技です。

必ずディフェンスをひっかけることができるとは限りませんが、
本当っぽくポンプフェイクを演技したり、
1回だけでなく2回、3回使ったり、
タイミングをずらしたり、
そこからステップを踏んだり、
ベビーフックを使ったり、
大きく踏み込んで、
アンダーでレイバックに持って行ったり、
後ろにステップしてフェイダウェイに
(フェイダウェイはリバウンドが取れないし、
身体がしっかりしていないと確率が悪いのであまり勧めませんが)
することで、得点の確率を上げることができます。

そのあたりまで使えるようになると、
1対1だけでなく、ゴール下では1対2でも決めきれる
選手になることもできます。

2人寄ったら外に捌くのも一つのセオリーではありますが、
2人ディフェンスがいても決めきれる選手は、
相手チームからすればかなり厄介な選手です。


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。