その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.1127 0(ゼロ)ステップでギャロップからステップイン

2018/05/04

こんにちは。フードリのたかじさんです。
今日は0(ゼロ)ステップで出来るようになった
ギャロップステップからのステップインです。

↓それでは動画をどうぞ↓
https://youtu.be/olZI9jXiEAg

今まではギャロップステップの後はピボットが出来ませんでした。
しかし新トラベリングルールである、0(ゼロ)ステップで
ボールを持った時についている片足が0歩扱いになったので、
次の両足着地が1歩目となります。
だから、次にもう一度ピボットで足を出すことができます。
(どちらの足でも構いません)

一部、
片足(0歩)→両足(1歩)→0歩目と逆足(2歩)
はダメ、という認識が巷で見られますが、それは間違いです。

ケンケンはダメなんですが、
(例えば右足→右足のように)
間に両足が入っているのでこれはケンケンにはなりません。

つまり、片足(0歩)→両足(1歩)の時点で、
ケンケン扱いにはならないということです。

細かく言うと、
左足(0歩)→左足(1歩)で左足をピボットフットにするとトラベリングですが、
左足(0歩)→両足(1歩)で左足をピボットフットにすることは可能、ということです。

つまり、片足(0歩)→両足(1歩)の時点で、ケンケンではないからです。
このことはルールに明記されています。

わかりにくいですかね。
また動画にしますね。

とにかくこのギャロップステップからのステップインは、
特に女子にもおススメしたいものです。
両足プレイになりますので、プレイにブレが生まれにくく、
片足プレイよりもフィニッシュの精度が上がります。
シュートが決まり易いです。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。