その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.1068 初めての練習試合に向けてミニ女子に与えた作戦

2018/03/02

こんにちは。フードリのたかじさんです。
今日は初めての練習試合に向けて、ミニバスの女子に与えた作戦です。

↓それでは動画をどうぞ↓
https://youtu.be/92TGO8CP5-8

伝えた決まり事は以下です。
2人走る(速攻)
ボール運び3人中1人は大きい人
シュートで終わる
4人広がって、1人ポスト


これを解説すると

2人走る(速攻)
→コートを広く使ってボール運びをしやすい
ドリブルが苦手な子を傷つけない

ボール運び3人中1人は大きい人
→パスで運ぶのが難しいので、大きい人へのパスは成功しやすいから

シュートで終わる
→積極的攻められるように

4人広がって1人ポスト
→コートを広く使って攻めやすいように


となります。
4つもあって多い、と思うかもしれませんが、
実は最初の2つは、試合前に役割を2人と3人分けておけば済む話です。
「決めってる2人は走れー」と言えば、その時点で成立します。

シュートで終わる、というのは気持ちの問題ですので、
子供達が試合中に考えることは、
「4人が広がって1人ポスト」
ということだけになります。

これで自由度を高く、かつ子供達が攻めやすいように、
しています。女子は特に団子になりやすいので、
この時はこれを選択しています。

試合に慣れない子供達の間は
5つのポジションという考え方は難しいので、
走る人2人、運ぶ人3人(その内ポストに入る人1人)
という感じがわかりやすくて、楽しめるレベルです。

徐々に試合感を掴んできて、バスケがわかりだしたら、
細かいポジションの話に進めると良いと思います。

また、走る人と運ぶ人とポストマンの役割を
試合ごとに変えたりすることで、
どの場所も経験させることもできます。


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。