その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.1065 プロでもフリースローを外す理由と面白い競争

2018/02/27

こんにちは。フードリのたかじさんです。
今日は、プロでもフリースローを外す理由と、
考え方と、面白い競争です。

↓それでは動画をどうぞ↓
https://youtu.be/_1GMlyyMN1E

フリースローの時にこんなことを考えていませんか?
「今の点数差は何点差だから、これをもし外したら…」
「さっきは短かったから、長めにしなきゃ…」
「外したらどうしよう。怒られる…」
「外したらチームメイトに迷惑をかける…」

全部、フリースローを入れる為に、不必要なことですね。
考えても無駄です。思ってしまっても良いですが。

北口コーチがよく言う、フリースローの時に大切な事は、
一点に集中することです。
どこに集中するかは人によってさまざまで良いと思います。

例えば
「リングの真ん中にスポッと入るように」
「良い山なりのボールの軌道を描いて」
「入るときの指先のリリースの感じで打つ」
「ズバッっていう音で入れよう」
「とにかくまっすぐ打とう」
というようなことです。

大事なことは、1つに集中すること、
「膝がこうで、肘がこうで、手首がこうで…」
と色々考えると、難しいです。
これは古武術の先生もよくおっしゃることです。


とはいえ、人間なので、
「外したらどうしよう」
と思ってしまうこともあると思います。


そういうときは、
「外したらどうしよう。不安だわ。
よし!とにかく、
リングの真ん中にスポッと入るように打とう」


という感じが良いと思います。笑


コツは
「不安に思ったことを悪いことと思わずに、
受け止める」ことです。あまり深く考えずに。
そして、一点集中すること。それだけです。


ボールをもらって打つまで最大5秒。
これぐらいがちょうど良いでしょう。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。