その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.1056 若かれし北口コーチの指導の失敗

2018/02/17

こんにちは。フードリのたかじさんです。
今日は北口コーチが若いころ失敗していた話です。

↓それでは動画をどうぞ↓
https://youtu.be/BoHjkaiJb8U

失敗話は後半の方にでてきますが、
イメージの力の話も面白いですね。

人間はイメージしたことを実現しようとする性質を持っています。
自然とイメージした方向に向かいます。
指がひっつくのと同様に、
未来のイメージは吸着力が強いです。

最近聞いた、長嶋茂雄さんの逸話を紹介します。
野球で史上初の天覧試合(天皇陛下が試合をご覧になる)が
行われることになりました。巨人対阪神の試合です。
その20日ほど前から、スランプだった長嶋氏
とった行動が面白いんです。

新聞をかたっぱしから購入して、その1面に
「長嶋ホームラン」
「長嶋大活躍」
「長嶋の活躍に陛下も大喜び」
などと、明日の新聞記事の一覧を勝手にマジックで書き連ねたそうです。

そしてその翌日の天覧試合、
同点で決着がつかず、天皇陛下が退席される9時15分を迎える直前、
9時12分にサヨナラホームランをかっとばしました。
その試合のことは今でも伝説のように語り継がれており、
それをきっかけに野球人気に火がついた、とも言われています。

話が大きく脱線しましたが笑

自主練にこなかった選手が自主練に来るようになったら、
あーだこーだ言わないで、「よく来たね」「頑張ってるね」
と前進を認め、褒めましょう。

いろいろ付け足したくなりますが、too muchです。
選手が求めるレベルに成長するまで待ちましょう。
もちろん、何を褒めるか、何を求めるかは
選手の段階によります。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。