その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.977 ボールマンプレッシャーが激しいときの対処法

2017/11/26

こんにちは。フードリのたかじさんです。
今日はボールマンプレッシャーが激しいときの対処法の一つです。

まずは冒頭から13秒までの一連のプレイをどうしたら良いか、
という目で見ると面白いと思います。
↓それでは動画をどうぞ↓
https://youtu.be/WpWy4qUlxbk

強くピボットを踏んで、当たりに負けずに
ドライブを仕掛けていく、というのも一つの答えではあるでしょう。

今回北口コーチが教えたのは、
味方ができる工夫です。

プレッシャーをかけて前がかりになっているときは、
いくらノーマークになっていても、
見えていないのでパスをすることができません。

しかし、後ろに回り込んでハンドオフしてもらえば、
プレッシャーから解放させてあげることができます。

しかも、プレッシャーをかけている選手は、
直後のゴール方向へのカッティングに対して、
とても弱いです。

ディナイを執拗にしてくるディフェンスが、
バックドアの動きに弱いのと同様です。

引いているディフェンスが、
ドライブには強いけれどシュートに弱いのと同様です。

ピンチを迎えても、
何事にもメリットとデメリットがあることを忘れなければ
打開策が見えてくることが多いですね。


北口コーチがよく言う言葉を最後に一つ紹介します。
「大きい選手はゴールに近い、
小さい選手は床に近い」

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。