その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.922 上級生のリーダシップを育てる簡単な仕組み

2017/09/29

こんにちは。フードリのたかじさんです。
今日は上級生のリーダーシップを伸ばす簡単な仕組みの紹介です。


↓それでは動画をどうぞ↓
https://youtu.be/oVeawcBFcPA


全ての練習で同じ形でやらずに、
色んな形で練習することで、違う効果を生むことができます。


この練習ではあえて、
5年生の男女、4年生の男女が
それぞれのゴールに散らばるようにします。


この時はあえてあまりコーチが指示をせずに、サポート役に回ります。
練習はそれぞれのグループの上級生が仕切って、進めていきます。
学年を超えてのコミュニケーションが行われ、
上級生は教えることで自分のアウトプットにもなり、
下級生の面倒を見ることでリーダーシップや
責任感を持たせることが促せます。


子どものスポーツチームの良いところは、
こういう風に、学年を超えて一緒にやることが出来ることです。


公園に近所の子供たちが集まって、
学年を超えてドッジボールをしたり、、、
ということが最近は減りましたが、
ミニバスチームでそれをすることが出来ますね。


時にはコーチの話よりも、
年齢の近い上級生の話の方が
熱心に聞いてやろうとする、
ということが子供にはあります。


バスケットボールが上手くなるだけでなく、
学年を超えた友達ができたり、
ちょっとしたリーダーシップを取れたり、
色んな機会を与えてあげたいものですね。


これは余談ですが、
北口コーチがミニバスを立ち上げる前、
今から10年ちょっと前ですが、

ちょうどそのことについて北口コーチが書いたブログがあったので、
紹介しておきます。
https://ameblo.jp/hoop-dreams/entry-11965983683.html


その中の一節です。

〜〜(中略)〜〜
そこで、ご縁のあった元日本ミニバス連盟の
副会長の方にお話を聞きに行きました。
大阪の堺市で初めてミニバスを始め、
全国大会へも複数回出場されています。
その方に、ミニバスを始めるのに
気を付けることは何かと聞いたところ、
言われたことは下の二つです。

●保護者にできるだけ負担をかけないこと
●上級生が下級生を教えるようなチームに育てること

〜〜(中略)〜〜


人数が多く、場所と時間の制約もあるので、
2点目がなかなか難しいのですが、
今回紹介した動画のようなことで、
少しでも実現できるようにしています。


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。