その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.898 抜く瞬間、身体のどこを当てる?

2017/09/03

こんにちは。フードリのたかじさんです。
今日は、抜く瞬間に身体のどこを当てるか、というお話です。


↓それでは動画をどうぞ↓
https://youtu.be/NMpH0s4xnRc


このように、
肘より上の二の腕部分と、
脇腹のところを
当てていくことができれば、
抜いて行く感覚を掴むことができます。


実は実際試合の場面でそれが必要かというと、
そうとも限りませんが、
ここを当てていくようにすることが、
抜ける、抜けないの間合いの感覚を掴むのには
かなり効果的な練習方法だと思います。


大事なのは、ギリギリ抜ける間合いや感覚を掴むことです。
それを知っていれば、抜けるタイミングで抜けるようになります。
ナルシスト系ドリブラーと表現されてしまう選手は、
自分に酔っているわけではなくて、
抜けるタイミングを掴んでいない子が多いのです。



そして、この練習を始めると、
最初子どもたちは遠慮して、(ファールだと思って?)
力強く入っていけないことが多いです。


「相手の腰のあたりをえぐり取るような気持ちで行け」
というと、徐々に出来ていきます。


この映像の子どもたちも、まだそこまで出来ていない子が多いです。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。