その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.863 ハンドリングネタ 体の周りを回す

2017/07/27

こんにちは。フードリのたかじさんです。


今日はハンドリングネタより、「体の周りをボールを回す」です。


↓それでは動画をどうぞ↓
https://youtu.be/Zfr-A43D3yw


身体の周りを回すハンドリングはメジャーなのですが、
この時に大切なポイントは、
・ボールを片手で扱う事(キャッチの瞬間以外)
・ボールをなるべく速く回すこと
・ボールを強くキャッチすること(バチバチ音をさせて)
・動きをスムーズにすること
などにあります。


そうすることで、
身体をスムーズに使えるようになったり、
ボールキャッチが上手くなったり、
関節の可動域を広げたり、することができます。


何の練習でもそうですが、
ポイントを意識しないと、あまり効果がないので気を付けましょう。
特に慣れた練習だとそうなりがちです。


また、こういった練習にありがちなのは、
最初しかやらない、ということにあります。
例えば中1ではやっても、中2ではやらなくなる、等です。


ギャノンベイカーに代表されるようなスキルコーチが
口を揃えて言うのことがあります。
育成年代の子供たち対象に行うクリニックでよく言っています。
「ハンドリングのファンダメンタルはNBA選手でも毎日やっている」


野球でキャッチボールをやらない選手がいないのと同じように、
バスケではボールハンドリングは必ずしましょう。


練習時間が短くて時間が取れないのなら、
合間の時間は常にハンドリングに充てるぐらい価値があります。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。