その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.853 リバウンドプッシュからオフェンスエントリー

2017/07/17

こんにちは。
フードリのたかじさんです。


今日はセンターがリバウンドプッシュ速攻した後のオフェンスの入りです。
50秒ぐらいからが本題です。


↓それでは動画をどうぞ↓
https://youtu.be/lzmFELHe_XE


センターがプッシュした後にどうオフェンスを始めるか、
ですが、
ガードがリーダーであったり、
センターが違う場所にいる方が攻めやすい、
そのチームのオフェンスの形があるので、
早くガードが保持した方が良いことがあります。


勿論、その前にセンターがプッシュしてそのままゴールアタックしても良いし、
ウイングにさばいて飛び込んでレシーブしてガツンと決めても良いです。


そうならなかった時に、スムーズにチームのオフェンスを始めるために、
一番安全でスムーズな方法を伝えておくと選手が安心します。


というのは、センタープレイヤーは突っ込んだり押し込んだりするのは得意だけれど、
高い位置でドリブルを突くとオロオロしてしまうことがあるからです。


その方法とは、
センターはウイングよりちょっと高い位置ぐらいにドリブルで移動し、
そこに素早くガードが行ってあげてハンドオフパスでボールを渡す事
です。


そこから改めてオフェンスを始めます。
流れの中でスムーズにいくことが大切です。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。