その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.847 強く怪我しないDefリバウンドのポイント

2017/07/11

こんにちは。
フープドリームズのたかじさんです。


今日は「力強く、かつ、ケガをしない為のディフェンスリバウンドの細かいポイント」です。


https://www.youtube.com/watch?v=wFymVNlFox4


力強く、かつ、ケガをしないポイントとしては、
・両足着地
・斜め前の位置で取る
・着地のときに、巻き込む(卍の形で)
ということです。


反ると弱いという話があったように、
人の身体は反っている状態よりも、全体的に前に丸みがある状態が強いです。
なので、ボールの位置が後ろで、
一時的に身体が反ってしまうのは仕方ないこともありますが、
その後は丸みを帯びた力強い形に持っていくことが望ましいです。


なので空中姿勢で両膝をあげるのです。
よく、ジャンプで両膝をあげる練習がありますが、
それは、空中でもバランスを保ち、力強くいるための練習です。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。