その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.818 ポストプレイで大事なパスのアングル

2017/06/12

こんにちは。
フープドリームズのたかじさんです。

今日はポストで点を取るために大事な、パスのアングルの話です。

↓それでは動画をどうぞ↓
https://www.youtube.com/watch?v=waal1ipxIJA

面を取る、と言いますが、
180度取れるのか、120度ぐらいなのか、90度なのか、
それは相手との力の差、体のサイズの差にもよりますね。

180度取れれば、ウイングからでもコーナーからでも
パスを簡単に入れさせることができますが、
その角度が小さくなればどちらからも入らなくなります。

ディフェンスの目線から考えれば、
ウイングにボールがあればサイディングハイ、
コーナーにボールがあればサイディングロー、
で守ってくるので、そこを逆につくわけです。

つまり、サイディングハイでつかれているときに、
コーナーにボールをパスしてもらって、
その間ディフェンスにサイディングローさせないように
動きを封じて、空いているベースライン側に
パスを出させて決める、という考え方です。

こうすることで、小さな角度の面しかとれなくても
パスをもらって点を決めきれる可能性があがります。

また、北口コーチが話しているように、
これはリバウンドを取る時も大事な発想で、
ボックスアウトされたとしても、ボールが落ちてくる場所、
方向によっては1/4の確率でも取れるように、どこか90度だけでも
面を取っておくこともできるわけです。

それは過去のオフェンスリバウンドの動画(探してみてください)
のところで詳しく話しています。

↓自分に合った動画を探す方法↓
http://ameblo.jp/hoop-dreams/entry-12125382193.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。