その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.817高校生のための審判講習

2017/06/11

こんにちは。
フードリのたかじさんです。


今日は北口コーチではなくたかじさん登場です。
審判講習ですが、あくまでも高校生が練習ゲームの審判をするための審判講習です。


↓それでは動画をどうぞ↓
https://www.youtube.com/watch?v=NhOgj1RU6_Q

本当はもっとちゃんとした公認審判の方をお呼びしてやるべきなのですが、
そんな時間も取れていないのが現状です。

ですが人数の多い公立高校では色んなことを生徒たちで運営できることが大切です。
練習ゲームでも同時に2面使って試合をすることも多々あるので、
コーチが審判に入れないこともよくあります。
審判やオフィシャルの仕事は、人数が多いからやらないといけない、
というだけでなく、バスケ指導という意味でもそうだと思います。

選手に審判をさせることで、プレイが伸びるということがありますね。違う立場から見ることでプレイに客観性を持たせることもできますし、ファールが鳴りやすいプレイ、なりにくいプレイ、接触でファールかどうかの微妙な判定のこともわかるようになってきます。

そこで夏休みの合宿の時間を使って、
生徒たちがゲームを仕切れるようにプチ講習会を行った時の映像です。

こういう意図で生徒たちに審判のことを教えるのに
最低限必要なこととしたのは、以下のことです。

リード・トレールそれぞれの動き方
それぞれの立ち位置、
どこを見るか(エリア、ライン、ペイント、シュートが起こったら)
フリースローの時の位置・ジェスチャー
試合の始め
ジェスチャー(ファールの時・オフェンス・ディフェンス・バスカン ヴァイオレーション)

この講習会ではぶつかり合いの判定は教えていません。
それは練習の中で都度教えるようにしています。

この講習会は審判を育てることが目的ではなく、選手でも円滑に練習試合を回せる程度の審判スキルをつけてもらうことが狙いです。講師もワッペン持ちではありませんので、そういう目線で参考にしていただけたらと思います。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。