その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.767ゾーン攻め ガード離れすぎ注意

2017/04/15

こんにちは。
フードリのたかじさんです。


今日は、ゾーンオフェンスのガードが離れすぎ注意、スペースを埋める話です。


↓それでは動画をどうぞ↓
https://youtu.be/GKlyOPqqgAI


ゾーンオフェンスではスムーズなパス回しが大切なポイントです。
そのために、外回りの二人は基本的に常にワンパスアウェイの
距離にいることが重要です。


外の三人中二人が離れてしまったら、ダイレクトパスが難しいからです。
一時的にそうなることはあるのですが、
その時は動いている選手がすぐに上がってくるか、
または、ボールマンがドリブルで移動して
(トップの位置でレシーブしたなら、ウイングの位置へなど)
ワンパスアウェイの距離にします。


また、ゾーンオフェンスでは1オン1のタイミングが生まれるのは、
ディフェンスが崩れたときだけなので、
基本的には早くスペースを埋めて、つないだ方が有効な場合が多いです。

マンツーマンオフェンスの時は、1対1のシーンを活かすために
ボールマンのワンパスアウェイを敢えてあけておいて様子を見ることがありますが、
ゾーンオフェンスにおいては、オフェンスの位置にかかわらず
基本的にカバーディフェンスがいる状況になりますので、
空けておいても意味がないことが多いです。


ちなみに、この動画で厳しい声をかけられているのは、
すでにゾーンオフェンスを公式戦でも経験している
上級生です。初めて教えられた選手ではありません。あしからず。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。