その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.762 初めてのゾーン攻め 中の2人練習

2017/04/08

こんにちは。
フードリのたかじさんです。


今日はゾーンオフェンス、中の二人の練習風景です。


↓それでは動画をどうぞ↓
https://www.youtube.com/watch?v=9tWQk9IU1k8


形としては、ディフェンスを3人トライアングルで入れて、
オフェンスは外3人はパス回しだけ、
中2人は動いてボールをもらって攻めます。


動くときに大事なことは、
ターゲットハンドをしっかり出すこと、
タイミングを合わせること、
フラッシュでギャップを突くか、スペースに飛び出すか、
はっきりとディフェンスにシールするか、です。


で、結構できないのが、ベースラインぎりぎりに降りる位置取りです。
2分47秒あたりで北口コーチがいる位置です。
ここにポジショニングできると、ポストを広く使えるので有効です。


ここから↓が北口コーチがよく使う指導のコツですが、、、


止めて説明するときのコツは、
その選手にやって欲しい見本を見せることです。
選手によって特徴がありますね。


中の選手なら
・背が高い
・力強い
・器用
というようなことです。


同じポストプレイヤーでも、

力強い選手には
ボールをもらってから、ぶつかりながらどう攻めて、
どんなフェイクやステップでファールを貰うか、
を例として見本で示しますし、


器用なタイプの選手なら、
ちょっと広がり気味で(ショートコーナーやコーナー)貰って、
シュートを狙ったり、外からのドライブで勝負させたり、
というプレイを見本で示します。


その選手がやりたくなるような、得意な、好きな、
イメージしやすいようなプレイを選択して例を示すと、
ゲームの中でもそのプレイが実現しやすいものです。


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。