その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.753 ウイングもハイポストもディナイ

2017/03/27

こんにちは。
フードリのたかじさんです。


今日はウイングもハイポストもディナイされたときのコートでの説明です。
一昨日ボードで説明していた部分です。


↓それでは動画をどうぞ↓
https://youtu.be/6tOpH0YgZ4o


一つ目がドリブルクロス(ドリブルハンドオフ)
二つ目がハイピックからの展開でした。


動画で説明している通り、
ハイポストでディナイされているなら裏が狙えるのはその通りですが、
我々のように公立高校が私立高校と対戦する場合は
ハイポストには大きな選手がディフェンスしており、
ガードのディフェンスはめっちゃ上手で、ガードに余裕はないです。
(現実問題、個の差が大きいと成立しないんです。)


なので、紹介している方法を選択します。


ドリブルクロス(ドリブルハンドオフ)は
ドリブルでレシーバーに近づいて行って手渡しする方法です。


ハイピックはポストをガードのスクリーンに使う方法です。
ビッグマンにマッチアップされているセンターをハイピックに呼ぶと、
ゴールから大きい人を離れさせることができて、
攻めやすくなったり、オフェンスリバウンドを取りやすくなったり、
という利点もあります。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。