その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.737 リバウンドから速攻&リバウンド練習

2017/02/17

こんにちは。
フードリのたかじさんです。


今日はリバウンドから速攻&オフェンスリバウンド練習です。


↓それでは動画をどうぞ↓
https://www.youtube.com/watch?v=x9OkrsmeXV4


これは昨日お送りした動画のその2のパターンで、
先に2人ディフェンスを置いといて、
3対2を攻めきる練習です。


リバウンドを取った選手は、
そのままダイブしてオフェンスリバウンドを狙います。


前は3対2なら攻めきりますし、
3対3なら攻めきるか、広がって待って
トレイルブレイク(4,5人目)の飛び込みを狙います。


後ろから来る選手は、
前が攻めきればリバウンドに入り、
前が待っているようなら、ダイブしてパスを貰い攻めます。


いずれにしてもゴール方向に向かって
トレールゾーンをまっすぐ走ってくるので、
それも含めた練習にしています。


センターはゴール下からゴール下まで走るので、
一番長い距離を走ります。
そしてゴール下では体の当てあいもあり、
結構タフな役回りですね^^


そんな状態なのでディフェンスリバウンドを
取った後にちんたら来てオフェンス参加する
こともありがちです。


しかし、(ここからがポイント)
飛び込めばオフェンスリバウンドを
取って比較的簡単に2点を獲れるチャンスということを味わえば、
ぶつかり合って、ジャンプしてリバウンド取った後でも、
ゴールに走って向かうエネルギーが湧いてくる、
というものですね。



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。