その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.723 速攻の1対1を決めきる技

2017/01/31

こんにちは。
フープドリームズのたかじさんです。


今日は速攻の1対1を決めきる技です。


↓それでは動画をどうぞ↓
https://www.youtube.com/watch?v=s634S1hWm1A


これは速攻の時に特に使いやすい技ですが、
普通の1対1のフィニッシュにも応用が利きます。


つまり、1対1でドライブを仕掛けて
カバーディフェンスがいない状況なら、
全く同じ考え方で攻めきることが出来ます。


この動画ではスピードに乗ったまま片足フィニッシュと
両足でフィニッシュするプレイがあります。
1のジノビリ系は片足、
2のスピンムーヴ系は、片足にも両足にもすることができます。
3のギャロップは両足で、アーヴィングは片足です。


身体が出来ていない選手(小中学生や女の子)は
両足フィニッシュの方がスピードは落ちますが
シュート成功確率が上がります。
片足シュートだと、打てても勢いでシュートが外れることが多いです。


バランスの良い選手、体がしっかりしている選手は、
片足で勢いに乗ったままカッコよくシュートまで決めきれます。


この動画に出てくる公立高校生男子には、
「自分の感覚でどちらを選んでも良い」
と言っていますが、


現実問題、、


公式戦になって勝ち上がると、
シュートを決めきれるのは両足プレイが多いです。


片足系だと体格で劣って当たり負けした結果
外れることが多いです。


あと、この動画で紹介していないものでは
ステップインがあります。


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。